2008年4月 5日 (土)

【写真】レコ発ライブ ジャネット・クラインの「レディ・フォー・ユー」 2

「セピア色のオールド・タイム・レディ」ジャネット・クライン(Janet Klein)とハー・パーラー・ボーイズ(Her Parlor Boys)が新譜「レディ・フォー・ユー」("Ready For You")のレコ発ライブ、at スティーブ・アレン・シアター(Steave Allen Theater) の日に、お友達のフラッパー達と写真を撮りました。かずみは少年っぽくルイズ・ブルックスのような「Hobo Look」を目指して見ました。

タップダンサー Rusty Frankとかずみ
Rustykaz















Rusty Frank とIan WhitcombIanrusty
















Flapper Flockという素敵なウェブ・ショップを開いた、
chantelとNicole。その隣はClaudia姫です。
43staveallen3















ジャネットを囲んでフラッパーズ!
43staveallen2








ジャネットを囲んでフラッパーズ2
43staveallen4








Hobo JazzのベーシストMarquisとNicole夫妻。
最近、元気な男の子が生まれました☆
43staveallen6














(かずみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レコ発ライブ ジャネット・クラインの「レディ・フォー・ユー」

Readyforyou_2











2年のレコーディングを得て、「セピア色のオールド・タイム・レディ」ジャネット・クライン(Janet Klein)とハー・パーラー・ボーイズ(Her Parlor Boys)が新譜「レディ・フォー・ユー」("Ready For You")を発表しました!   日本ではバッファロー・レコードさんから4月16日(水)に発売予定です。フー!!!

かずみが滞在する、ここハリウッドでは昨日4月3日、スティーブ・アレン・シアター(Steave Allen Theater)で、レコ発ライブがありました。イェ~イ!

小さい箱ながら100人以上の人が駆け付け、コーラを飲みながらプレッツェルとアメリカン・ドックを食べて、CDを買ってました。

43staveallen1_2   







タイトル曲になりました「I'm Getting Myself Ready For You」は映画音楽で有名なCole Porter作詞作曲の名作で、 1930年に「Minnie the Moocher」の「ハリハリホ~♪」の掛け声で有名なキャブ・キャロウェイ(Can Calloway)のお姉様、ブランチ・キャロウェイ(Blanche Calloway)が歌ったホァ~ット!な曲です。

そして「Take A Number From Onr to Ten」 は前回2006年のツアーのアンコールでよく歌われていた曲で、「That's What You Think」もタイトル曲と同じ日に収録された、同じくお熱いナンバーですね。

43staveallen5














「Them Piano Blues」
ジャネットのお気に入りの変な作曲家 Robert Cloudの1927年の作品。 Robert Cloudは前回のタイトル曲「Oh!」の作曲家でもあるとか。 The Bilgwater Brothersのデビット・バーリア(David Barlia)とジャネットが美しいデュエットをしてます。



さて、きちんとした解説は、日本盤の鈴木カツさんのライナーをご参照いただく事にしまして、個人的に大好きな曲をピックアップしたいと思います。

「A New Moon is Over My Shoulder」
1930年代に活躍したThe Bosweell SistersのConnee Boswellが歌った曲です。ファッションからもにじみ出ていますが、ジャネットは1930年代のメロウなしっとりとしたミドル・テンポの曲が一番よく似合うと思います。ベティちゃんのようにおどけた感じもいいんですけど、本当に「sweet」なんです。これを聴くと、ロマンチックが止まりません。(涙)

Connee Boswell オリジナル・バージョンをどうぞ。

「Walkin' My Baby Back Home」
ルイ、ナット・キング・コール、ビング・グロスビー…、名立たる歌手は皆カバーした1931年の名曲です。同じくミドル・テンポ。これもまた目から液体が出てしまうぐらい、メロウな曲です。

The Foursome 1931年 コーラスが美しいです。
個人的にはNick Lucasのバージョンが好みです。
ジャネットはLee Morse & Her Bluegrass Boysの
バージョンを下敷きにしてるはず。

「Have A Martini!」
ええ、英国紳士、Mr. ティン・パン・アレー、Swinging Londonのど真ん中でラグ・タイムの研究をなさっていたイアン・ウィットコム(Ian Whitcomb)伯父様の持ち曲です。日本でいったら「酒が飲みたい」的な「マティーニを飲もう」。ジャネットとのデュエットも息がぴったりです。もちろん打ち上げは2人で「マティーニ」を飲んでます。

イアン伯父様一人の「Have a Martini!」。


「Sentimental Gentleman From Georgia 」
ディキシーランド・ジャズ界では有名なホットな曲です。注目すべきは演奏者2名、ギターのジョン・レイノルズ(John Reynolds)とヴァイオリンのベニー・ブライダーン(Benny Brydern)。
ベニーは2004年にジャネットともパーラー・ボーイズ来日を果たしました。ジョンはサイレント映画期のコメディ女優 ZaSu Pitts(ゼイスー・ピッツ、ザス・ピッツとも日本語表記あり。オリーブ・オイルのモデル)のお孫さんで、 LAでも2人といない、オールド・スタイルのバカテクギター奏者。 ジャンゴ+アメリカン・ジャズが本当に上手く融合したギターを弾く人です。そして、彼のバンドThe Hollywood Hot Shotの月1ライブにはあの「ヴァン・ダイク・パークス」がよく遊びにくるという。何かと顔が広そうな方です。 とにかく2人で演奏しているとは思えない音数。そしてジョンのアメリカン・カートゥーンのような声とジャネットのデュオ。パーフェクトです!

いい映像がなかったので、CDが出るまで、
ジョンの歌声を堪能してください。
Rhythm Club All Stars play 「ダイナ」




会場では観光名所でよくある、顔を絵にはめ込んでヴィンテージ風の写真を 5ドルで撮ってもらうコーナーが設置されていました。このスタイルはコニーアイランドが発祥だそうです。これは新作ジャケットの中ジャケデザイン の元ネタになりました。

43staveallen8

43staveallen7_2 




















ちなみに日本盤特典の「銀座カンカン娘」と「泣かせて頂戴」はまだ聴いていません。「モガ」魂を歌っているジャネットのレコーディング音源楽しみですね~。

(かずみ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

海外blogにトム・マリオンのCDが紹介されました

Tomjaketmini







トム・マリオン・アンド・ヒズ・スウィート・ホーリーワイアンズ「恋する楽士 "'O Surdato 'Nnammurato" 」が海外のジャズ評論blog「Keep Swinging」に紹介されました。英語とドイツ語で読むことが出来ます。語学の練習に是非読んでください。

Keep Swinging
A daily web log in English and Dutch to share my passion for jazz, record collecting and other music projects that surprise me.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

トム・マリオンの音源がMySpaceで聴けるんですか?!(しかもタダ)

英語圏最大級のSNSのMySpaceに
トム・マリオン(Tom Marion)のページが出来ました。
mixiが普及している日本でも、昨年の10月頃から
密かにサービスがはじまっているんですよね。
早速、アクセスしてトムと「friend」になりましょう♪

2tommini









トム・マリオン MySpace

そして、なんと嬉しい事に、
ポップなアメリカン・ソング「Brown Eyes, Why Are You Blue?」
思わず踊りだすトムのオリジナル・マンドリン・ソング「Tarantola」
美しい響きの「Dreaming of You」に
タイトル曲の「恋する楽士 'O surdato 'nnammurato」の4曲を、
MySpaceでは丸々聴くことが出来ます。是非、一度はアクセスしてください。

(かずみ@Rosy)

アルバムが欲しくなった人は、こちらをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

8月ジャネット・クライン定期演奏会レポート

Steaveallen1_2 Steaveallen2






STEVE ALLEN THEATER
at the Center For Inquiry - West
4773 Hollywood Blvd
Los Angeles, CA 90027
(323) 666-4268
http://www.steveallentheater.com/

毎月第一木曜日に「セピア色のオールド・タイム・レディ」
ジャネット・クライン(Janet Klein)と
ハー・パーラー・ボーイズ(Her Parlor Boys)はハリウッドの
スティーブ・アレン・シアター(Steave Allen Theater)で
定期演奏会をおこなっています。

前半はアニメーター兼フィルム・コレクターの
ジェリー・ベック(Jerry Beck)の
サイレント短編映画の上演に、
後半はジャネット・クラインの
1920年代~40年代音楽の素敵なショーの
二本立になっています。

映画と音楽のコラボレーション、素晴らしいですね。
是非、日本でもライブと映画上映を定期的にやりたいですわ~。

本日のジェリーさんのフィルムも実に面白かったです。
アニメーションと2本と実写の1本。
はじめに上映した「Laundry Blues (1930)」は
ベティちゃんやポパイで知られる、
マックス・フライシャー社の
初期のフィルムで、弁髪を結って中国人に扮した
ニャンコ達が歌って踊るミュージカルでした。
中国語とも英語ともつかない
言語を話すニャンコ達は滑稽でしたが、
バーバースタイルの合唱は見事でした~。

そして、いつも10人ぐらいパーラー・ボーイズ達が集まる
ジャネット・クラインの定期演奏会ですが、
その日は日本で乙女の心を鷲づかみにした、
ウクレレ弾きの英国紳士イアン・ウィットコム(Ian Whitcomb)は
オレゴン州のフェスに出かけていて不在でした。残念。
あの愉快な歌とウクレレを見たかったわ。
来月を期待しましょう。

でも、我がラジオデイズの
天才「チョイ悪」ギタリストのトム・マリオン(Tom Marion)や、
ラグ・ピアニストのブラッド(Brad Key)、
ジャンゴ・スタイルのギタリストのビリー(Billy Steele)、
コルネットのコーリー(Corey Gemme)、
ベースのデイブ(Dave Jones)が人数は少ないながらも、
がっちりジャネットの脇を固めていましたよ~。

すでに新たにレコーディングを始めているジャネット。
新曲をたくさん披露していました。
日本のツアーのアンコールで
歌っていた歌(名前を忘れた)などはすでに
レコーディングが終わっているそうです。
今からニューアルバムが待ち遠しいですね。
首を長くして待ちましょ~。

5thアルバム"Oh!"の「That's Love」、
4thアルバム"Scandals"「Living in Sin」など、
「ジャネット・ライブのスタンダード・ソング」も
もちろん演奏してました。

そして本日はスペシャル・ゲストに、
ピアノのブラッドが連れてきた期待の新人ブルースギタリスト、
ジェローン(Jeron Paxton)がステージ上がりました。
彼はなんと「18歳」で「ブラック」で「ブライド」という
無敵のブルース・ギタリストなんです。
だからオールド・ミュージック愛好家達の間で、
かなりヒップな存在みたいです。
もちろんギターも歌も最高でしたよ~。

さて、来月はどんな短編映画とショーが見れるのでしょうか。
その前に今週の11日(土)にスティーブ・アレン・シアターで、
クラシック・カーのショーとアイスクリーム・ショーがあり、
それにジャネットが出演するそうです。
楽しみ、楽しみ。(特にアイス)

(かずみ@Rosy)

ジャネット・クラインのCDは現在輸入盤のみですがAmazonで取り扱ってます。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

世界のスウィート・ホリワイアンズ、ロバート・クラムをノックアウト!!!

Hollywaiians 21337904_206









戦前(1920年代~1940年代)の
ノスタルジック/オールドジャズ弦楽器集団(イケメン)、
Sweet Hollywaiians(スウィート・ホリワイアンズ)が、
オルタナティブ・コミックのゴッド・ファーザーで、
70年代はCheap Suit serenadersという
オールド・タイム・ミュージックのバンドまで持っていた、
漫画家のRobert Crumb(ロバート・クラム)から
新アルバムのメッセージをもらったそうです。

うっひゃ~、やっべ~!
身近なイケメンお兄さん達が世界へ飛び立ってしまう。
ライブに足を運べるなら今のうちにサインをもらっておきましょう。

(かずみ@Rosy)


8月3日(金)@ dieci
open 19:30 start 20:00 2 stage
2,000( include 1drink )

大阪市北区天神橋1-1-11天一ビル1.2F
ご予約は06-6882-7828(dieci)まで


Special Guest  リュクサンブール公園

Inunko_2





6つのアコ-ディオン、ウクレレ、笛、カホン、ノコギリe.t.c...。
7人のアコ-ディオン楽団。
1998年12月よりアコ-ディオン4名で
大阪を拠点にライブ活動を始める。
以後メンバ-を増やしアコ-ディオン6名
+パ-ッカッション1名の計7名となる。
オリジナル曲を中心に映画音楽やミュゼットなどをアレンジし、
既製に捕らわれない独自のスタイルで演奏を繰り広げる。
2004年11月10日待望の1stアルバムをリリ-ス。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

スウィート・ホリワイアンズ レコ発!

Hollywaiians




戦前(1920年代~1940年代)の
ノスタルジック/オールドジャズ弦楽器集団(イケメン)、
Sweet Hollywaiians(スウィート・ホリワイアンズ)の兄貴達が、
アルバム発売にともない、本拠地大坂でライブをおこないま~す。

8月3日(金)@ dieci
open 19:30 start 20:00 2 stage
2,000( include 1drink )

大阪市北区天神橋1-1-11天一ビル1.2F
ご予約は06-6882-7828(dieci)まで


Special Guest  リュクサンブール公園

Inunko_2





6つのアコ-ディオン、ウクレレ、笛、カホン、ノコギリe.t.c...。
7人のアコ-ディオン楽団。
1998年12月よりアコ-ディオン4名で
大阪を拠点にライブ活動を始める。
以後メンバ-を増やしアコ-ディオン6名
+パ-ッカッション1名の計7名となる。
オリジナル曲を中心に映画音楽やミュゼットなどをアレンジし、
既製に捕らわれない独自のスタイルで演奏を繰り広げる。
2004年11月10日待望の1stアルバムをリリ-ス。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

スウィート・ホリワイアンズが「Hula Girl」でCDデビュー!

Hollywaiians




ダンディズムあふれる大阪のイケメン弦楽器集団
Sweet Hollywaiians(スウィート・ホリワイアンズ)が
7月15日にアルバム・デビューしましたよ~。

どこか1920~40年代頃の戦前ジャズ/ハワイアン、
はたまたスウィング・ジャズ、初期カリプソを彷彿させる
ノスタルジック・アコースティック・ミュージック。
夏休み、夕方のビーチで、あるいは夕涼みのお供に最適なアルバム。

トム・マリオンとの素晴らしい一曲も収録されてます!
両方セットで買うのがお勧めです!

***メンバーと使用楽器***
松井朝敬・・・Hawaiians Steel Guitar, Guitar, Mandolin & Vocal
高田進正・・・Ukulele, Mandolin, Mandola, Tenor Banjo & Vocal
中山隆志・・・Guitar, Ukulele & Vocal
堤下功一・・・String Bass & Vocal

***収録曲***
01 Hula Girl
02 Honolulu Stomp
03 Dardanella ( with Tom Marion : Mandocello)
04 Singin' The Blues
05 Rum & Coca Cola ( Susumu Murazi : Steel Pan)
06 Oh! Anita ( Original)
07 Milenberg Joys
08 St.Louis Blues
09 Sweet Sue
10 Caravan
11 You Go To My Head ( Akiko Miyamoto : Vocal)
12 Mexicali Echo ( Original)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

diskunion新宿ルーツ&トラディショナル館がトム・マリオンを大プッシュだぜ!

diskunion新宿ルーツ&トラディショナル館ストアブログ内で
トム・マリオンの「恋する楽士」がプッシュされています。
今なら、店頭でオリジナルステッカーがもらえますよ~。

久々にアメリカン・ノスタルジアを感じさせる良質グッドタイム・ミュージックに出逢いました。

玄人筋のユニオン・バイヤーさんを唸らせることができました。
やったねトムさん、待ってたホイ!(違うって)

(かずみ@Rosy)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

トム・マリオン 「恋する楽士」へコメント!

アメリカ・ルーツ音楽好きなら一度は足を運ぶ、
渋谷のハイファイ・レコード・ストアのカリスマ店員、
松永良平さんが「Voices In Hi-Fi」のなかで、
トム・マリオンのCDのついて、日記を書いてくれました!

トム・マリオンの放つ鈍い輝きには、
人生ひとつ分の思いをすべて捧げた尊さがある。

それがこのCDの
近頃まれにみる価値だ。(松永良平)

http://d.hatena.ne.jp/Hi-Fi-Record/20070710   

より抜粋。全文が読みたい方は、上記まで飛んじゃってくださ~い。

さすがリズム&ペンシルに所属し文筆業もおこなっていらっしゃる
松永さんは、味わい深い文章ですね。(涙)
文中にもありますが、2002年にトム・マリオンの
レコード・コレクターズのインタビューをおこなったのは
松永さんでした。

実際に会ったからこそ、書ける暖かい文章。
なんか感動しました。

(かずみ@Rosy)

6月2日に出版された松永さんのご本、
「20世紀グレーテスト・ヒッツ」は
様々な職業の方がポピュラー音楽を語っています。
いろんな視点から音楽を「読めそう」ですね。

オビは山口昌男大先生のお弟子さんにあたる
坪内祐三さんがコメントを・・・。まいりました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧