2009年2月14日 (土)

The Follies Sistersが「LA weekly」の表紙に…

L_677d18649b834b87b2d312e7fe72a45a

L_c857900b165d44b4929d68b3daaddb4b














キャーーーー!!!!
"my great flapper friends"のNatalieとChantelとNicoleが
昨年結成した1920年代のキャバレーダンスを再現するユニット、
The Follies Sistersのインタビューがロス最大のフリー情報誌
「the LA Weekly」February 13-19, 2009号に載っています!!!!!!
表紙はラテン系の雰囲気のNatalie!

彼女達と同年代の私は、
ちょうど磁石が引かれ合うように仲良くなりました。
ジャズ・シンガーのMarie MacgillisやJanet Kleinも加わり、
皆でパーティーに行くと、まさに無敵です!
私がロスを離れている間に楽しいことやってるなぁ、くそう。

The Follies Sisters' Past Lives:
Tap Dancing Around the Antimodernity Movement

Why live your life in the past? Because the present kind of sucks
By Gendy Alimurung

「なぜ? あなたの生活は過去に生きてるの?」
「だって、現在ってなんか最低じゃん。」

長身美人Chantelの発言。
気風の良さに、心がスカっとします。
Chantelのママは有名なvaudevilleダンサー。
その影響で古い時代に物に触れ、
ナチュラルな形で現代に生きる「flapper」に。

控え目なNicoleはLA郊外のRedlandsで
古着屋hobo vintageを営む、古着マスター。
旦那さんはルーツ系ロックバンドHoboJazzの
ベースMarquis。古着屋を始める前は、
大学で考古学者の下で働いていたそうです。
タップダンス振り付け担当。

表紙を飾ったNatalieはChantelの影響でflapperに目覚めました。
彼女のショートボブは、ルイーズ・ブルックスからの
インスパイアされたもの。タップダンス以外の振り付けは、
Natalieがほぼ考えています。
一緒にcharlestonを踊ったけど、楽しかったなぁ。

インタビュー内ではいろんなところに
共感しまくりだけど特に共感したのが、服のチョイス場所です。

みんな超かっこよく1920年代風に着飾っているけど、
本物の20年代の服はもろくて切れたもんじゃないので、
60s~80sの服だったり、
それこそTarget(大手ディスカウント・ストア)や、
Anthropologie(30代女性向けセレクトショップ。urban outfitterが親会社)や、
Forever 21(モールに必ず入ってるティーン向けの超安いブランド)で
選んだ新しい服だったりします。
ちょっと可愛い物があると皆で「どこで買った?」って聞きあいます。

その、昔の「マテリアル」にインスパイアされ
考古学的に現代の物や古着を合わせて「ファッション」を
つくる感じ、私は好きなんですよ~。

日本では「可愛い文化」が発展してる点、
新しいものではストッキングとか帽子とか小物が特に
いけてるなあと思いますよ、最近。

フェミニンでちょっとお転婆な雰囲気があふれる20年代ファッション。
ドレスアップして何がいけないの?
これからも一緒に肩で風を切って歩きたいわ☆

The Follies Sisters guest appearance
with Janet Klein and her Parlor Boys
at The Cicada Club in LA

The Follies Sistersはプロのエンターテナーとかじゃないけど、
その素人っぽさとファッションセンスの良さが絶妙で可愛いのよね。 むふふ。

(かずみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

ジャネット・クラインのFUJIROCKレポートの2

Janetrain_6046w






photo by Duog

気を抜いていたら、ジャネット・クライン(Janet Klein)の
フジロック関係の記事が竹の子のように生えていました。
リンク張りま~す。

しかし、フジロックではかなりの好印象ですね。
私も妹分として超鼻高々。(私は何もしていない)
成田空港でもサインをせがまれていました。
すっげ~、ジャネット有名人。

フジロッカーズ.org 2008
アーティスト情報 : Janet Klein (ジャネット・クライン)

2008/7/27 3日目
JANET KLEIN at Gypsy Avalon
雨に唄えば
Reported by taiki

写真レポ
Reported by Nozomi”wacchy”Wachi



English

2008/7/26 2日目
Janet Klein and her boys at Orange Court
She sings old songs
Reported by Don Coglione

Past Perfect (Part II)
Janet Klein Interview
Reported by Jason Jenkins

(かずみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

日本モダンガール協會 始動!

2772963_15






つ、つ、ついに国内唯一のモダンガールの
淺井カヨお姉様を中心に、兼ねてより噂だった
「日本モダンガール協會」
(私の中では通称「モ協」)が始動しました!

>日本国に於いて、大正末期から
>昭和初期に現れた、「モダンガール」について
>研究、調査を目的に、また全国からモダンガールの
>実践をする方を募る目的で作りました。

し、し、しびれちゃうぜ、このうたい文句。
来年にはWEBが完成するそうです。
モガによるモガのための団体です。
来年はモガが熱いですよ!

今はmixiのコミュがあるので、参加しませう☆

mixi コミュニティ
日本モダンガール協會

ラジオデイズ blog インタビュー
淺井カヨ 「継続は力なり」 

(Rosy@かずみ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 3日 (日)

6.2 レポート@高円寺Moon Stomp

昨日、高円寺のMoonStompでラジオデイズ主催による「プチトーキョースピークイージー」の第二回目が開催されました。地下のお店は楽しく超満員。まさに1920年代禁酒法時代の潜り酒場(スピークイージー)のタイトルにふさわしい雰囲気だったと思います。



トップバッターは2丁目で大人気の変態スウィング・シスターズ、Betty Angelica。本日もクリスティーナ・アギュレラ(Christina Aguilera)が映画「ムーラン・ルージュ」で歌ったヒップなナンバー「lady marmalade」をセクシーな振り付けとともに熱唱。ソウルでスウィングですね。本日もお色気全快。前方の客を骨抜きにしました。来週のステージは更にバージョン・アップするそうです。



2番目は情熱の1920年代~30年代のパリのジプシー音楽を髣髴させるGypsy Vagabonz。ボーカルひで子のテンションも、ツインギターも指の速さも、お客のテンションも上がりまくりです。こちらはひで子のオリジナル曲「絵本のお月様」。女の子のドリームがつまったキュートなナンバーです。

トリを務めたのは、1920年代のアメリカから飛び出したような明るい音楽、Ms Charleston and Her Robin Food Boys(ミスチャー)。ツインギターの編成になってからギターのフミ君のソロがフューチャーされるようになりました。共演者も含め誰もが舌を巻くフミ君(おまけにメガネ男子)の演奏と、ミスチャーMegのコケティッシュなボーカルに虜になる人が続出。本日はオリジナル曲とカバー曲「I like You」などを披露しました。5月27日に彼らのオリジナル8曲を収録したミニ・アルバムが発売しました。まだ会場限定販売ですので、ご来場の記念にお手にとってください。


ミスチャーとGypsy Vagabonzは、このお店でバンドを結成したそうです。お店の店長ヤスさんは「ゴッド・ファーザー」ですね。さて、来週は同じメンバーで更にテンションをあげて池袋Blue Dragで開催です。お洒落で楽しいことが大好きな人は遊びにきてね!

(かずみ@Rosy)

Moon Stomp
TEL 03-3310-6996
杉並区高円寺北2-22-6 キャニオンプラザ大須賀 B103
営業時間 PM6:00~AM5:00

Block_image_1_1_4_3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

継続は力なり

C0099280_273820







photo by 中山可奈子 (上記1点)

さぁ、真打の登場です。
一度彼女に出会ったら絶対に忘れることが出来ないはず。日本で唯一「モガ」の「日常」を実践されている、淺井カヨさんにインタビューをしました。カヨさんは昨年、柴又で行われた大正時代コンテストでも優勝されました。他の参加者は「仮装」ですが、カヨさんにとってこの装いは「日常」なのです。「ヴィンテージを日常に」を推奨したいラジオデイズにとって、カヨさんはお手本にすべきアイドルです。さて、どんな話が飛び出すのでしょうか・・・?

大正時代コンテストの様子

与野の大正時代祭りの様子

Q1 大正、昭和初期の文化に触れたきっかけを教えてください。

旧家の生まれで、祖父母が古いものを大切にしていたので大正、昭和初期のものが身近に混在していました。それらを見て育ち、自然とその時代のものに興味を持ったと思います。物心がついた頃に、愛知県犬山市の野外博物館「明治村」と岐阜県恵那市明智町の「日本大正村」へ出掛けて、強い衝撃を受けました。その後、中学一年生の頃にアンティーク好きの友人の影響もあって、古いものを集めるようになり高校時代からは骨董市へ出掛けていました。

Q2 どんなきっかけで「モガ」スタイルになりましたか?

平成十六年春、「大正ロマンチカ」の花見会へ初めて参加した時に、モダンガールの洋装を探し回って自分なりのモガの装いに挑戦しました。同年に、大正、昭和初期のものを蒐集している方と知り合い、その方のその時代へのこだわりが半端でなかった為、元々好きだった骨董蒐集と大正、昭和初期について、もう一度見直すきっかけとなりました。

元々はヴィクトリア朝の美術や文化に強い興味を持っていたのですがロココ趣味、アリス嗜好と相俟って、長らくロリータ・ファッションを愛好していました。今もその世界は好きですが、モダンガールが自分にとって最もしっくり来るスタイルだと確信し、現在に至ります。

Q3 「モガ」スタイルを実践するために、心がけていることはなんですか?

一日一回は、大正、昭和初期の文化に触れるようにしています。
当時の仮名遣いの本を読んだり、音楽を聴いたり、建物を観に出掛けたり、展覧会を見たり、昭和初期の献立で料理を作ったり、当時から営業している料理店へ出掛けたり、無声映画を観たり、大正生まれの方にお話を伺ったり、骨董市へ出掛けたり、、、と本当に様々ですが、それら全ての経験が、現代のモダンガール実践の血となり肉となると思っています。

髪型は下北沢「セピア倶楽部」にて、断髪にしています。形を整える時は、椿油(大島産)を使います。基本的には、天然色素の化粧品しか使いません。(労働時以外は)香水を纏わず、帽子を被らず、手袋を持たずに、外出をしないことにしています。

当時の洋装、またはそれに近い形のドレスを入手出来た時に気を付けることは、そのまま着用しないと云うことです。自分なりに、そのドレスに最も合うと思われる帽子、手袋、アクセサリー、イヤリング、鞄、ハンカチ等々の細かい点まで、姿見で何度も合わせて納得が行くまで組み合わせます。この組み合わせが 「モガ」スタイルを実践する上で重要な点です。

Q4 素敵なお洋服、小物は何処で手に入れてらっしゃいますか?

都内の骨董市(新井薬師、富岡八幡宮、平和島骨董祭、骨董ジャンボリー、など色々です。骨董市へは早朝から出掛けます。)、西荻や川越の骨董屋、セカンド・ハンド、福祉バザー、古物、中古品店など、古いものが有りそうな場所へは、何処にでも出掛けます。基本的には、自分の足で探して見つけています。

Q5 カヨさんお勧めの大正浪漫な場所を教えてください。

岐阜県恵那市明智町の「日本大正村」にある「天久喫茶」がお薦めです。ここは、京都千本通りの大正十二年開店のカフェーを復元したものです。白エプロンの本物の女給さんも働いています。「日本大正村」には、様々な大正建築がありますので是非足を運んでみて下さい。

埼玉県川越市の「大正浪漫夢通り」には、素敵な大正建築があります。また、同じく川越市の「モダン亭 太陽軒」(大正11年創業)は、大正浪漫の雰囲気を味わいながら食事が出来る場所です。

北九州市の門司港駅舎(大正三年)も必見の価値が有ります。初めて此処を訪れた時は、本当に心が動かされました。京都、四条大橋南西にある東華彩館(大正十五年)も通るたびにわくわくしました。

澁澤榮一翁の東京都北区、晩香廬(大正六年)、青淵文庫(大正十四年)も素晴らしい建物です。また、文京区音羽の鳩山会館(大正十三年)は、ゆっくりと過すのに最適な場所です。

東京駅旧石川組製糸西洋館(入間市)、弥生美術館竹久夢二美術館江戸東京たてもの園の旧大川邸いちかわ西洋館倶楽部、井の頭公園駅近くのカフェー「宵待草」、、、とまだまだ沢山ありますが、長くなりそうなのでこの辺りにします。

Q6 最近、感銘を受けた本・映画は何ですか?

【本について】
最近、埼玉県立近代美術館で開催された「澁澤龍彦 幻想美術館」(監修・文 巖谷國士)の本は、単なる図録ではなく、もう一つの美術館が此処にあるかの様でした。

「変身」(嶽本野ばら著)
現存する最古のカルーセルエルドラドに乗る為に、「としまえん」へ行かねばなりません!

【映画について】
モダン活劇「海浜の女王」(昭和2年 15分)柏三枝のモガ姿に、鈴木伝明のモガ女装など非常に面白い作品でした。

先日、いちかわ西洋館倶楽部にて「熱砂の舞」(ルドルフ・ヴァレンチノの遺作、1926年)を観たのですが、ファッションや小物など大変興味深く思いました。実際にはありえない様なアラブ世界に感じましたが、、、。無声映画ピアノ伴奏の柳下美恵さんの演奏も素晴らしかったです。

Q7 最後に「モガ」を目指す若者に一言。

あの時代の、総合的な探究が最も重要だと思います。一言で表すのは、難しいのですが「継続は力なり」でしょうか。

新しき「モガ」に出会えることを、心より楽しみに致して居ります!

淺井カヨ

photo by 西浦良一 (以下3点)



Imgp0313_1 Imgp3193 Imgp33024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

気持ちは古き良き時代のシンガーなの

070501_0010 070501_0109 070501_0040










1920年代ファッション番長・蓮見さんに続いて、都内ライブハウスで活躍中のGypsy Vagabonzのボーカルひで子ちゃんにインタビューをしました。彼女のエネルギッシュで情熱的なボーカル・スタイルはどうやって生まれたの? キュートなファッションはどこで手に入れているの? そんな素朴な疑問に丁寧に答えてくれました。

Q1 どんな経緯で戦前の文化に興味を持ちましたか?

はじまりはロカビリーやジャイブを中学生の時に聴き始めたのがきっかけ。地元にあった古着屋でよくかかってたのね。あと校内放送でよく流れてた(笑) 先輩が学校祭で演奏しているのを見てますます好きになったけど、田舎育ちだったので情報がまずなくて、そこまでのめり込むわけでもなく…。自分の求めるものがどこかにあるって感じで毎日過ごしていたの。その後ジャズを聴くようになってスウィングのリズムにすごく興味をそそられた。その後何年か経って上京した際に出会ったのが川畑文子さんの『青空』※1だったの。本当に偶然、日本語ジャズモノを探していたら出会ったのがこのCD。で、気付いたの。ビッグ・バンドの時代よりもっと昔、戦前のジャズが魅力的だなって。ファッションや建物、雰囲気も素敵だなって。今まで知らなかっただけで私の身体に流れる何かはコレだ! みたいな(笑)それからは早かったわ。気付いたらGypsy Vagabonzというバンドでそんな古き良き時代の世界を表現しているし!! こうなる運命だったようだわ!

※1残念ながら川畑文子『青空』のCDは現在廃盤です。日本のジャズ・ソング シリーズの1枚でしたら、手に入ります。

Q2 Gypsy Vagabonzのボーカルとして活躍中の秀子さんですが、 ジプシー(マヌーシュ)音楽※2や、そのほか戦前音楽の魅力とはなんですか?

まずジプシー音楽の魅力は、アコースティック・ギターで刻まれるリズム! 身体をノリノリにさせる! 本当に独特な音楽。ロマ族(ジプシーと呼ばれる人達)は定住しないと言われ色々な場所を旅しています。その中で吸収されたさまざまな土地の音楽、哀愁漂う音色、そこに強く魅力を感じるわ。そんなジプシー音楽が日本へ流れてよりポップになって私たちGypsy Vagabonzが表現出来ることは本当に光栄な事よ。それに古きよき時代のジャズは歌詞が本当に素敵。純粋でまっすぐなの。さらに、一夜の過ちだったり、ちょっぴりスリリングな悪戯な恋の話しだったり、可愛くてとってもセクシー! 唄いがいがあるものばかりで大好きだわ。

※2「ジプシー」には差別的な意味合いもありますが、ジャンゴを祖とするジャズ音楽の名称が「ジプシー・スウィング」と知られているため、ここではその言葉を使わせていただきます。

Q3 また、最近お勧めのCDを3枚は?




ジャンゴ・ラインハルトに大いに影響を受けたフランスのアーティスト、サンセヴェリーノの2ndアルバム『セネガレーズ』。



フランス映画『歓楽通り』のサントラ。ミュゼットやジャズが最高。ナイス・セレクト。映画を見て音楽に惚れ込みすぐにCDやさんへ…!



最後も『コープス・ブライド』というサントラ。キュートで怪しい雰囲気が最高! 私が大好きな古い洋館の感じやパーティー、ホラーが堪能できる一枚です。



Q4  素敵なお洋服をいつもどこで手に入れていますか?  具体的にお店の名前などを教えてください。

下北沢Haight & Ashburyのヴィンテージ・セレクトは素敵! 大好きなお店よ。
そしてお着物は、去年10月にオープンした下北沢本多劇場1階にある「古着着物ハセ川」。千円、二千円、三千円の着物を取り揃えてかなりお買い得。アンティーク着物の可愛いものが見つかるわ。

Q5 写真撮影の時のファッションのポイントを教えてください。

私が身につけたのは大正時代のアンティーク着物。大胆な柄に現代では到底表現出来ない戦前着物独特の染料を使っているので鮮やかなの。蓮見さんの手掛けたメイクも着物にバッチリ似合ったと思うわっ!

Q6 あなたのヴィンテージ・ファッションへのこだわりとは?

ヴィンテージ・ファッションが素敵なのは、時代を超えて何十年も前から大切に保管されてきたところ。まるでタイムスリップしてきたような感覚。それを身につける事によってその時代を生きている気持ちになれる。つまり、私の場合ヴィンテージ・ドレスやハットを身につけて唄うと、気持ちは古き良き時代のシンガーなの。だからきっと見てる方も、現代なのに素敵な時代のステージを肌で感じることができるの、そんな気がする。
あとは職人さんの細やかさ。手縫いだったり刺繍だったり、レースがついていたり細かいプリーツだったり、キュンとなる芸が沢山あるわ。着物も同じよ。染め方だったり、色の使い方や柄の出し方など様々。本当に溜息でちゃう!!

Q7 今後のライブ予定などありますか?

まずは6月のスピークイージーね! メンバーも大張り切りだし勿論私も。当日は素敵な装いで最高のパフォーマンスをするからみんな遊びにいらしてねっ!
ビックリするようなことをしたいから蓮見さんに首筋に噛り付いていただこうかしら?(笑) それは冗談よ。その後も栃木へツアーへ行ったり、吉祥寺MEGで9月12日にはワンマンLIVEをするのでみんな遊びにキテネ~☆

interview ラジオデイズ かずみ  photo by Takamori Fukuda

070501_0030 070501_0146_2 070501_0058

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

「懐古」「美」「調和」が織り成すヴィンテージ・ファッション

070501_0162_3 070501_0111_3

070501_0184_4










東京スウィングに突如現れた"Flapper Girl" の蓮見さん。その抜群のファッション・センスと1920年代のヘアスタイル、メイクへのこだわりは国内では唯一無二です。そんな彼女の様相がどうして成り立ったのか、インタビューしてみました。そしてGypsy Vagabonzのひで子ちゃんとおこなったFlapper  v.s. モガの妖艶な写真も掲載いたします。

Q1 どんなきっかけで戦前の文化に興味を持ちましたか?

古き良き時代のものを好む性質は小さい頃からです。元々、古代エジプトの上流階級の生活文化に興味を持っていました。これについて調べているうちに「服飾史」という存在を知り、エジプトのモチーフをふんだんに使った、1910~20年代のアール・デコ・ファッションを愛するようになりました。

Q2 20年代風のメイクは何処で学びましたか?

まだまだ推測して作り上げている部分が多いので、殆ど自己流です。
ポイントとしては、当時のものから直接学ぶこと。映画や写真、写実的なイラストなど探せばたくさんあります。ただ、現代の伝記映画などは、現在の流行をベースに、あくまで「イメージ」として20年代らしさを取り入れているだけなので、残念ながらほぼ参考になりません。写真などからだけでは分からない使用化粧品の色合いや素材については、書籍に頼ることが多いです。

Q3 蓮見さんの髪型の名称を教えてください。

この髪型はフィンガーウェーブといいます。髪全体にセットローションを塗布し、指とコームを使ってウェーブを作り上げていくのです。これを乾燥させて固めたらコームで梳かし、自然に見せられたら完成です。この写真の私はコームは入れていません。
フィンガーウェーブにする前に、下地にパーマネントをしておくのが当時らしいのですが、日々の生活では現代人として生きる私は、洗髪すればストレートに戻るようになっています。

Q4 また、何処へ行ったらその髪型にすることができますか?

フィンガーウェーブは国内の美容師志望の方が必ず専門学校で学ぶ技術です。よってどなたでもできる髪型とは言えますが、実務でほぼ使用しないこともあり、施術を受け付けていない所もあるかもしれません。これは美容院によって対応が異なりますので、希望の所に問い合わせてみた方がよろしいでしょう。私は下北沢の「セピア倶楽部」さんで、施術して頂いています。料金はセット扱いのものとなります。

Q5 写真撮影の時のファッションのポイントを教えてください。

着用のドレスは、1924年頃のデザイン画から復刻させたものです。ボーダー柄、モノクロの色合いが、遊び過ぎないシックな魅力を醸し出してくれます。そしてロングパールネックレスは言わずもがな、20年代のお約束ですね。パールネックレスはシンプルなデザインながらなかなか見つからなかったので、自作しました。

Q6 あなたのヴィンテージ・ファッションへのこだわりとは?

「懐古」「美」「調和」この三つが揃わなければ、ヴィンテージ・ファッションは成立し得ません。「懐古」が欠ければ、ただ見た目良いだけでヴィンテージならではの醍醐味がありませんし、「美」が欠ければ、ただの珍獣でしかありません(失礼ですが)。そして「懐古」と「美」を繋ぎ合わせる「調和」が存在して初めて、過去でも現代でも認められる素晴らしさが生まれるのだと、そう考えています。これはヴィンテージをポイントとして取り入れる方も、フルコーディネートされる方も気をつけるべきことなのではないでしょうか。


interview by ラジオデイズ かずみ photo by Takamori Fukuda

近日中にお着物のひで子ちゃんのインタビューも掲載予定です! 

070501_0191_3 070501_0144_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)