2012年8月19日 (日)

ジェントルさん可愛いぜ!

Gentle Forest Jazz Bandさんめっちゃ可愛いぜ!
ライブ行きたい熱が!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

ボーカルの腰つきがセクシーだ

1929年のWarner BrothersのVitaphone Shortsに混じっていた
The Mound City Blue Blowersはイイね!

音楽で聞くだけなら退屈だけど、
さすがボードヴィルで活躍していた人たち。
特にパーカッションの動きがおもろい!
そしてボーカルの歌いだした時の腰の動き。
ありゃ、神だね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

銀座カンカン娘 by Janet Kleinとまちこ巻き部隊

5月のスティーブ・アレンのショーです。
ちるこ、ゆきこ、よっさんお疲れ(◎´∀`)ノ

「銀座カンカン娘」 ジャネット・クラインと東京まちこ巻き部隊



「WHO?」 川畑文子バージョン、かずみさんカサブランカ風

Who?はもう一度今月、他のショーで歌いマッスル(´,_ゝ`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

「酒がのみたい」を歌ってみた

姉の結婚式のビデオ用にバートン・クレーンの
「酒をのみたい」(1931年)を歌ってみた。

見よ!!!! このコンビネーション!!!!
もちろんワンテイク、その場の勢いのみでやってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

The ArboretumでJohn Williams

Pasadenaのちょっち横で
San Gabriel Valley地域の市Arcadia。
(理想郷的な名前の市ってすげー)

そこれにはSanta Anita Parkって大きな公園があって、
その中にはレーストラックとかLos Angeles郡の
Arboretum and Botanic Gardenがあるんだけど、
友人が野外コンサートのチケットを無料でくれたので、
行ってきました。

到着したら超人の数でびっくり。
内容も確認しないで来てしまったら、
California Philharmonicというオーケストラが、
John Wiliamsの映画のサントラを演奏すると
いうことだったみたいです。

夏の夜の静かな公園で、月の光を浴びながら、
スターウォーズ、インディアナ・ジョーンズ、
スーパーマン、シルドラーのリスト、ワルキューレを
聴くのも悪くないですね。

それにしてもスターウォーズの盛りあがりようは凄かったwwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

The Song of HOLLYWOOD

37410_1338967994432_1238108974_3088 35894_1341466656897_1238108974_3089
35894_1341475177110_1238108974_3089 35894_1341464616846_1238108974_3089
なりゆきで手伝っています。
たぶん今後、4~5人ぐらいのファッション好きと一緒に、
ダンスユニットは続く予定です。

土曜日にリハーサル的な事をやってみましたが、
夜にテンションが上がり過ぎて、
ジョン・レイノルズとスキップしながら、
ハリウッド・ウォーク・フェームを突っ走っていました!
ジョンのお婆さん(Zasu Pitts)の名前ふんじゃったよ/(^o^)\

3人の女子でコーラスダンスやります。
振付覚えた~。あとはタップのタイムステップを練習するのみ。
足が痛いッス。

Hollywood Fringe festival
The Song of HOLLYWOOD

Featuring a band of hot jazz players and guest performers!
A vintage clothing boutique and Paper Moon will be on hand for your own vintage photo.

【Performers】

Hollywood Hotshots
John S. Reynolds, Suzy Williams, Cory Gemme, Brad Kay,
and the rare singing bassist Katie Cavera

Guest:Uni and her Ukelele

Dancing girls: Nicole, Kazumi and Chantal

【Date】
Thursday, June 24 at 11:30PM

【Location】
at Fringe Central
Theatre of Arts @ 1625 North Las Palmas
Los Angeles, CA 90028

【ticket】
Tickets 10$

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

Johnny Crawford Orchestra\(^0^)/

L_71e0536789574fc6be6feccb00bb127c

むしろ、俳優、ミュージシャンで有名人なJohnny Crawfordが率いる、
Johnny Crawford Orchestraをついに見ることができた!!!!

このバンドは1930年代のメロウなナンバーを演奏する
素敵なビックバンドで、昨晩は18人編成でサックス3人、
ストリングスが3人、ビブラフォンもいたんだぞ。

90年代はLAの高級ホテルBiltmore hotelで演奏していたけど、
最近はもっぱらプライベート・パーティーばかりなので、
殆ど幻になりかけていました。

超よかったーーーーーーーーっ\(^0^)/
まさか生でこんな音楽が聴けるとは!

少しジョニーと喋ってみましたが、
気さくで、ひとなつっこくて、ハンサムな人でした。

私の30年代スタイルパンツを見て、
「Look at you!!!」ってめちゃめちゃ喜んでいました。
ジョニーはめっさこの時代が好きなのですね。

マイスペで音は聴けるけど、
やっぱ生であれをやっているというのがみそですな。
http://www.myspace.com/johnnycrawfordorchestra


L_1ddefe57f04e44368fc9e694618c10aa
つか、Biltmore hotelでの写真・・・。
ちょ、すごすぎるwwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

20年代スタイルの野外イベント、ギャッツビーピクニック

DecoBelles - 25th Annual Gatsby Summer Afternoon 2009


サンフランシスコのアールデコ・ソサエティ主催の
20年代スタイルのアウトドアイベント
「Gatsby Summer Afternoon」が先週末に開催されました。

場所はサンフラン近くのOklandの美しい洋館の前。
(アメリカだから洋館って当たり前か)
私も車の座席が余っているからと誘われたけど、
用事が重なっていたので、いけませんでした…。

来年こそは参加したいと思います。
20年代スタイルのDecoBellesのダンスはめっさ可愛い!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

フラッパーがMadame Pamitaのプロモに登場

ロサンゼルス・エリアの脱力系のVintageバンド、
Madame Pamita"My Southern Can Is Mine."のプロモに、
フラッパー友達のKatie, Nicole, Natalieが出演しました。


可愛いローウエストのお揃いのドレスを着て、
ポージングしてるのが彼女たちです。


こういうのを見ると、私もモガ映画を作りたいわ!
映像っていいね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

The Follies Sistersが「LA weekly」の表紙に…

L_677d18649b834b87b2d312e7fe72a45a

L_c857900b165d44b4929d68b3daaddb4b














キャーーーー!!!!
"my great flapper friends"のNatalieとChantelとNicoleが
昨年結成した1920年代のキャバレーダンスを再現するユニット、
The Follies Sistersのインタビューがロス最大のフリー情報誌
「the LA Weekly」February 13-19, 2009号に載っています!!!!!!
表紙はラテン系の雰囲気のNatalie!

彼女達と同年代の私は、
ちょうど磁石が引かれ合うように仲良くなりました。
ジャズ・シンガーのMarie MacgillisやJanet Kleinも加わり、
皆でパーティーに行くと、まさに無敵です!
私がロスを離れている間に楽しいことやってるなぁ、くそう。

The Follies Sisters' Past Lives:
Tap Dancing Around the Antimodernity Movement

Why live your life in the past? Because the present kind of sucks
By Gendy Alimurung

「なぜ? あなたの生活は過去に生きてるの?」
「だって、現在ってなんか最低じゃん。」

長身美人Chantelの発言。
気風の良さに、心がスカっとします。
Chantelのママは有名なvaudevilleダンサー。
その影響で古い時代に物に触れ、
ナチュラルな形で現代に生きる「flapper」に。

控え目なNicoleはLA郊外のRedlandsで
古着屋hobo vintageを営む、古着マスター。
旦那さんはルーツ系ロックバンドHoboJazzの
ベースMarquis。古着屋を始める前は、
大学で考古学者の下で働いていたそうです。
タップダンス振り付け担当。

表紙を飾ったNatalieはChantelの影響でflapperに目覚めました。
彼女のショートボブは、ルイーズ・ブルックスからの
インスパイアされたもの。タップダンス以外の振り付けは、
Natalieがほぼ考えています。
一緒にcharlestonを踊ったけど、楽しかったなぁ。

インタビュー内ではいろんなところに
共感しまくりだけど特に共感したのが、服のチョイス場所です。

みんな超かっこよく1920年代風に着飾っているけど、
本物の20年代の服はもろくて切れたもんじゃないので、
60s~80sの服だったり、
それこそTarget(大手ディスカウント・ストア)や、
Anthropologie(30代女性向けセレクトショップ。urban outfitterが親会社)や、
Forever 21(モールに必ず入ってるティーン向けの超安いブランド)で
選んだ新しい服だったりします。
ちょっと可愛い物があると皆で「どこで買った?」って聞きあいます。

その、昔の「マテリアル」にインスパイアされ
考古学的に現代の物や古着を合わせて「ファッション」を
つくる感じ、私は好きなんですよ~。

日本では「可愛い文化」が発展してる点、
新しいものではストッキングとか帽子とか小物が特に
いけてるなあと思いますよ、最近。

フェミニンでちょっとお転婆な雰囲気があふれる20年代ファッション。
ドレスアップして何がいけないの?
これからも一緒に肩で風を切って歩きたいわ☆

The Follies Sisters guest appearance
with Janet Klein and her Parlor Boys
at The Cicada Club in LA

The Follies Sistersはプロのエンターテナーとかじゃないけど、
その素人っぽさとファッションセンスの良さが絶妙で可愛いのよね。 むふふ。

(かずみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧