2012年2月25日 (土)

2012年アカデミー賞10作品ノミネート「アーティスト」の感想

384615_2313345925649_1609454259_185
LIDO THEATRE - NEWPORT BEACH

昨年見た「アーティスト」、スコセッシの「ヒューゴ」、ウッディ・アレンの「ミッドナイト・イン・パリ」、どれも1920年代ぽい話だね。その時代フェチの私には嬉しいです。

-------------------

【ネタバレあり】

噂のサイレント映画、「The Artist」(2011年)見てきた! フランスの映画だけど1927年~1932年までのHollywoodのサイレント映画スターがトーキーへ移行する葛藤を、ラブロマンスを交えて描いて作品。完璧にハリウッドでした。

フランス映画でよくもまぁ、ここまでハリウッドにw よく遊びに行っているダウンタウンの1928年に建てられたOviattビルのナイトクラブ出てきてたよ。Oviattは有名なメンズのハバダッシェリー(高級紳士服店)で、昔はジョン・バリモア、クラーク・ゲーブルとかがお買い物に来たとか。今は改造してレストランです。

ダグラス・フェアバンクスっぽい主人公のGeorge Valentinの役者が素晴らしかった。Jean Dujardinさん演技もできるし、踊りも上手い。逆にヒロインの女の子はあまり可愛くない。まず髪型がいまいちで、まったく1920年代な雰囲気がない。監督の恋人だからしょうがない。

トーキー化を拒むスターの主人公。サイレント→トーキーに移行する時に、落ちぶれてしまったスターはたくさんいたのでしょう。主人公が妻と離婚する時、妻が「なぜ、私と話さないの?」と、重ねていう台詞が印象的でした。

サイレント映画+トーキー映画を半々でくるのかな?と思っていたら殆ど全編サイレントでした。最後に主人公が愛によってミュージカル映画に出演する事を決めて、トーキーに変わるのですが、それは本当にラストのシーンでそれまでの葛藤が長すぎる。そこはやっぱりフランス映画だね。

私だったら主人公の葛藤の部分を半分にして、1932年のミュージカル映画の娯楽部分を多くしてカタルシスを得たい。最も予算の関係上、ミュージカルシーンは難しいのかも。だったらスクリューボールでごまかすわ。それかあえて濡れ場を入れるとか?(直接的セックスシーンってないからね)
またフランス人の俳優を使ったら言語の問題が生じるから、あの方法しかなかったのかも。


------------------

ロスのレトロスポット情報

「アーティスト」のインタビューシーンに使われていたクラブ。ロスのダウンタウンに位置する1928年築のビル。
毎週日曜日は謎のプロデューサー、マックスウェル・デミルによるレトロなナイトクラブに。貴方は戦前のクラブにタイムスリップします!

Maxwell DeMille's Cicada Club
http://www.cicadaclub.com/main.asp
617 S. Olive St. Los Angeles, CA 90014
213-488-9488

「アーティスト」を見にいったロス郊外ニューポートビーチのアールデコスタイルの劇場。

LIDO THEATRE - NEWPORT BEACH
3459 Via Lido
(Via Lido and Newport Blvd).
Newport Beach, CA. 92663
949-673-8350


399517_2834332410952_1038447747_330

338153_334650399891557_121052604584

6712823981_947d8509cb_o

シカダクラブでかずみの誕生日の様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

ヒューゴの不思議な発明

マーティン・スコセッシ監督の
「ヒューゴの不思議な発明」を見てきたよ。
素晴らしい! 素晴らしい映画だった。
2011年で一番好きな映画かも!

基本の軸は1930年代パリの駅の時計台に
住む少年の冒険の話だけど、
ラングのメトロポリスに登場したような
歯車仕掛けのアンドロイドをめぐって、
フランス映画創生期の奇才ジョルジュ・メリエスが登場するという。

SF、スチームパンク、映画創生期へのオマージュ、
少年・少女の成長劇、家族の絆、どの角度から見れる映画でした!
そして、私もパリの時計台に少年ヒューゴと住みたいと思うぐらい、
美しい舞台だった。

特に素晴らしかったのはメリエスの
「硝子のスタジオ」の撮影再現シーン。

彼の想像的かつ独創的な世界はここで撮られていたのか、
と思ったらテンションが上がった!

それにメリエスが映画監督になる前はマジシャンだったのは
知らなかった。確かに彼の映画には消えたり出現したり
「マジック」のようなシーンがたくさんあった気がする。

「ニュー・シネマ・パラダイス」並みに
映画への愛があふれた映画でした。
スコセッシっぽくない映画でしたが、素晴らしかった。
プロデューサーにジョニー・ディップの名前もあったよ。

日本公開は3月9日か。ってずいぶん先だな、おい!

http://www.hugomovie.com/intl/jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

プンスカ! ウッディ・アレン新作"Midnight in Paris"は「書割」映画だ!

Midnight_in_paris_poster

ロマンティック・ラブ・コメディ!

ウッディ・アレン!

パリに旅行に行ったら真夜中に道に迷って、
1920年代の芸術家が集う街にタイムスリップした的なお話!

と聞いてワクワクしながら映画を見に行ったのに、
今回は正直がっかりしたよ…。
(※20年代に思い入れが強すぎる私にとっては※)

初っ端から主人公ライターと婚約者は終始
微妙のすれ違いのやり取りと繰り返した結果、
彼らは別れて主人公は違う女とスグくっついちゃう
とってつけたようなエンディングだしさ。

シナリオ、安易すぎないか?

そして主人公は真夜中に謎のクラシックカーに乗って
20年代のパリに迷いこみ、フィッツジェラルド、ゼルダ、
ヘミングウェイ、コール・ポーター、ピカソ、ダリ、マン・レイとか、
当時有名どころの芸術家達に会って毎晩感激したり、
恋をしたりとかするのですが、
どの人物も作り込みが浅~い感じで全員が「書割」みたいでしたよ。
(つーか20年代パリでなんでコクトーが出てこないんだよ!)

一番許せなかったのが衣装ですよ。
私の大嫌いな20年代「インディアン」!!!

フラッパー=ヘッドドレス=つーかインディアンじゃね?→完璧に間違った20年代

衣装ダメ、髪型ダメ、メイクダメ、全然ダメ!!!!!!!
ゼルダが超気持ち悪かった!

これだったらダウンタウンのシカダクラブにやってくる
コスプレ一見さんとレベル変わらないのですが、

衣装さんは何をやっちょるんですか?!(怒)
三谷幸喜の衣装ばりに許せない!

20年代に迷いこむというアイデアは面白いと思いました。
ウッディ・アレンの20年代に対する情熱も分かる。
けど、この映画は中身のないフランスを映した「ポストカード」映画です。
(この時代にかける私の情熱が激しいって言うのもありますが…。)

オールドデイズものだと「ラジオデイズ」(冠に頂きました)とか
「ギター弾きの恋」とかは素晴らしかったのに。

今回はハズレだよ!プンスカ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

ジャック・タチ脚本 "The Illusionist(2010)"『ベルヴィル・ランデブー』のシルヴァン・ショメの新作

昨日、『イルージョニスト』"The Illusionist(2010)"の先行試写会を見に、UCLAのThe Billy Wilder Theaterに行ってきました。

良い映画で、泣いちゃったよ~:゚(。ノω\。)゚・。

ええ、作画を見た瞬間、絶対に見ようと思いましたよ。

ショメ監督の前作『ベルヴィル・ランデブー』は米アカデミーにノミネートされた作品で、マックス・フライシャーのような奇妙だけど可愛くデフォルメされたキャラクター、70年代のディズニーアニメを彷彿させるようなタッチ、小粋なジャンゴ・スウィング、私のように「レトロ」が主食とする人間にはたまらない一品でした。

それが「僕の伯父さん」ことジャック・タチが執筆した脚本(1956年)をもとに、アニメ化だと…?

見るっきゃないでしょ━━━━(゚∀゚)━━━━キタコレ!!
ユロ伯父さんまんまだったよ!!!可愛い!!!
台詞は殆どなし。動きで感情を表現するタチ映画タッチ!
やっぱ手で塗ってる二次元イイね!

※ネタバレ注意※

物語の舞台は1950年代後半のスコットランドです。
ジャック・タチっぽいマジシャンの伯父さんは地方の"Music Hall"を巡業していた時に、田舎町で少女と出会います。

「魔法」に感動した少女が、タチの後を勝手につけてきてしまい、次の巡業先エジンバラで一緒に住むことになります。

少女はタチの「魔法」でモダンなレディに変わり、青年と恋に落ちました。
タチはそれを見て、次の巡業先へ去っていきました。

…って、これはタチ版の「ライムライト」ですよね~。
基本はコメディなんですが、笑いつつも哀愁たっぷりで胸が締め付けられました。

1950年代は古き良き"Music Hall"の芸が廃れていった時期です。

映画の中のピエロのおじさんは職を失ってアルコール依存症になり、子供たちに袋叩きにあったり、カーニヴァルのSPレコードをかけながら自殺を図ろうとしていたり、また、隣に住んでいた腹話術師のおじさん、質屋に人形を売り払い、最後は道端で小銭をせがんでいました。

それとは対照的に、ティーンネイジャーのロックバンドは何処へ行っても、女の子達の取り巻きに囲まれ、熱狂の渦に巻き込まれています。タチおじさんは何とか綱渡り的にその日暮らしを続けている姿も何とも…。

ああ…、新しいモノがやってきて、時代に乗れない芸人たちはこうやって徐々に職を失っていくのですね。

これはあくまでも、物語のサイド、ディテールで描かれているので、流してさらっと見れてしまう個所なのですが、あまりにも「現実的」で少し悲しい気持ちになりました…。

しかし、何という監督のドライなまなざし。
そのシーンはおしつけがましくなく、もはや冷笑的なコメディになっている。

監督もまたそれらが大好きなんでしょうね……。
彼らへの愛をひしひしと感じました☆

そして、淡々と巡業をこなしていたタチおじさんが、
少女相手に高揚した気分になっている描写も素晴らしかった。

少女が欲しいモノを買ってあげるために
内緒でバイトをしている姿とか、可愛かったな。

そういう出会いって人生の中であるんですよね。
一瞬ですけど、鮮明に覚えているモノです。

※ネタバレ終わり※

日本ではクロックワークスと三鷹の森ジブリ美術館の配給で来年の春に公開で~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

ハリウッド黄金期のサバイバー、Pauline Wagner

Webnewspollypg5bw265x300 Polly_with_the_gang1

先日、今年で100歳になるという女優
Pauline Wagnerに会いました。

彼女はハリウッド黄金時代の撮影所で
エキストラをしていて、有名な女優ではなかったけど、
1930年代のユニヴァーサル、ワーナーいろんな映画に出演し、
名だたるスターと遭遇したそうです。

中でもジェームス・キャグニーとは何度も共演し、
私の友人が彼女とキャグニーが伝説のクラブ、
ココナッツ・グローブのテーブルに座っている、
スティール写真はとっても美しかったなぁ。
(↑参照)

それにしても100歳を迎えても、
彼女は歩けるし、喋れるし、物凄く元気な人だった。
友人はカール・レムリの姪で女優だった
女性(やはり100歳ぐらい)にも会ってたし、
まだご健在な方もいるんですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

天晴れ!キャプテンEOのトリビュート

Img_2993
Img_2999 Img_3000


ディズニーのメカニックの友人が
フリーで入れてくれるということなので、
フラッパー仲間とディズニーランドに行ってきました。

おりしも、マイケル・ジャクソン様の伝説のアトラクション、
「キャプテンEO」の復活のオープニングの日だったらしく、
気合いを入れて見てきました。

スペースマウンテンの横にひっそり建っている建物に、
夜だというのに長蛇の列。
と思ったら、劇場型なので凄い人が一度に入れるのですね。

未来っぽい3D眼鏡を貰って、
座席につくとすでに熱気のあふれた様子で、
盛り上げるアナウンスがはじまると、
場内が大盛り上がり。

私はちみっこい時に一度見たけど、
まったく覚えていませんでした。

不思議なクリーチャーに囲まれたMJ様が、
宇宙船を運転したり、やっぱり踊ったり、
光線を出したり、
悪い奴らをバックダンサーに変えたり、
とにかく「超」かっこよかった。

音楽がはじまると場内は大興奮。
光線が手から出るたびに場内から「ふー!」って声がwwww

体を揺らしてノリノリで喜ぶアメ人。
やっぱりMJ様はアメリカを代表する人物だ。
ホッケー、ベースボール、バスケットみたいに、
お国柄のものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

シャーロック・ホームズ見てきたよ

Sherlockholmesmovie02


Mark20strong20as20blackwood2020sher
















『シャーロック・ホームズ』著作権者が激怒!続編でホームズとワトソンの“ゲイ疑惑”に触れたら映画化の権利を剥奪
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1067823&media_id=14

話題の「シャーロック・ホームズ」見てきました。
同性愛的な描写はなかったけど、
「ホモ・ソーシャル」でゲイっぽいなぁとは思いましたけど。
まぁ、19世紀イギリスですし、それはしょうがない。
腐女子的には絶対出来てるな、ですけど(死)

探偵小説というより、アクション映画だったよ。
主演のホームズ役のロバート・ダウニーjrがひたすら、
エキセントリックなダメなオヤジ風なんだけど、
超天才みたいな役どころ。

神経質なワトソン役のジュード・ロウが
それを補佐するって感じでした。
髭を生やしてスーツを着込んだジュード・ロウは
少し貫禄がありましたよ。一瞬、誰だか分らなかった。

敵役のヘンリー・ブラックウッド卿の
マーク・ストロングはよかったな。
黒髪をひっつめて、襟の高いコートは
ドラキュラ様のようでした。

主演の女性は峰フジ子的ポジションだったのですが、
ホームズ/ワトソン/ブラックウッド卿のラインが強すぎて
ほとんど目立ってなかったよ。
特にそんなにセクシーでもなかったしね。

服装は主役周りはかなりモダンアレンジ入ってました。
CGで作ったロンドンはアニメっぽくて私は好きでしたが。
まぁ、話題作だから見てやっても良い、程度です。

とろこで、
シャーロック・ホームズってカンフーしましたっけ?
かなり肉弾戦でしたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

ハリウッドの天才、アーヴィング・タルバーグ

200909162056000 Irving_thalberg

















本日はAcademy of Motion Picture Arts and Sciencesの
ビバリーヒルズにあるHeadquarters buildingに行ってきました~。

ビルではハリウッドにまつわる展覧会や映画上映をしていて、
本日は「ハリウッドの天才 "The Boy Wonder"」言われた
アーヴィング・タルバーグ(Irving Thalberg)の展覧会の
オープニングでした。

タルバーグは20年代~30年代に
ユニバーサル、MGMで活躍したプロデューサーで、
『グランド・ホテル』をはじめ数々のヒット映画を作ったけど、
体が悪くて37歳で亡くなってしまった伝説の人です。

展示会では、彼にまつわるたくさんの映画のスチール、
少しの衣装、小道具、そして電報が展示してあって、
とても興味深かった~。

特に見れて嬉しかったのが、
井上 一馬さんの「アメリカ映画の大教科書」(新潮選書) で読んだ、
彼の有名なエピソードの一つにまつわる電報です。

タルバーグがユニバーサルで初めてした重要な仕事は、
映画『愚かなる妻』 "Foolish Wives"(1922年)の
尺長をめぐるエリッヒ・フォン・シュトロハイム監督との対立でした。

何と、展示会ではその際にタルバーグがシュトロハイムに向けて送った
本物の電報が展示されているではありませんか!

「君は会社に雇われている人間だ。」とか「失望した。」
という内容の文章が永遠を2ページに渡り綴られていました。
読んだネイティブの友達は「これはかなり怒っているね!」
とか言ってましたwwwwww

あと興味深かったのは、
あの有名なカルト映画といわれる「フリークス」(1932年)も
彼のアイデアから始まったという事を展示物から発見!
構想は20年代後半から始まっていて、
保守的な時代でメジャー会社に在籍しているのに、
何て大胆な発想。

タルバーグは本当に素晴らしい感性と判断力、
ビジネスセンスを持ち合わせた(おまけにハンサム)
天才と呼ばれるにふさわしい人です!

ちなみにハリウッドの歴史に興味がある方は、
催し物を調べてこちらを訪ねてみると楽しいです。
この展覧会は4Fで2009年12月13日までやってます!


Academy of Motion Picture Arts and Sciences
8949 Wilshire Boulevard
Beverly Hills, California 90211

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

フラッパーがMadame Pamitaのプロモに登場

ロサンゼルス・エリアの脱力系のVintageバンド、
Madame Pamita"My Southern Can Is Mine."のプロモに、
フラッパー友達のKatie, Nicole, Natalieが出演しました。


可愛いローウエストのお揃いのドレスを着て、
ポージングしてるのが彼女たちです。


こういうのを見ると、私もモガ映画を作りたいわ!
映像っていいね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒッチコックの初監督作品

昨日はハリウッドのFairfax Ave.沿いにある
「The Silent Movie Theatre」に行ってきました。

今月はヒッチコック特集で、
昨日の上映作品は監督デビュー作の
"The Pleasure Garden (1925)"という映画でした。

はじめは20年代映画にありがちな
フラッパーな踊り子と青年のラブストーリーかな?と思ったら、
後半青年の一人が狂気を見せるシーンが、
ヒッチコック・サスペンスの片鱗を見せていました。

主人公一人のダンサーの踊りはファンキーだったな~。
私は「HOT」に踊れます!と豪語してたし。
手を振り回しながら暴れるような素晴らしい登場シーンでした。
あと、添え物で放映された猫の「フィリックス」も
初期にハロルド・ロイドなどの喜劇映画を監督・プロデュースした、
ハル・ローチ(Hal Roach)のキッズ短編コメディ「The Little Rascals」も
可愛かった。
戦前の短編のB級アニメがフィルムで見れるのは、
やっぱアメリカですよね~。
The Silent Movie Theatreはサイレント映画だけでなく、
日によって上映する映画が違います。
事前にチェックしていくといいですね。
フラッパー愛好家的には伴奏つきでサイレント映画が見れる、
水曜日をお勧めいたします!

The Silent Movie Theater
611 N Fairfax Avenue, Los Angeles, 90036
323-655-2510
http://www.silentmovietheatre.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)