2010年5月 4日 (火)

Hobo's Vintage - 1920's to 1960's Fashion Show

31499_388819802202_625487202_454552 05021001

ロサンゼルス郊外、サンベルナルディーノの
先のレッドランズで、
友人がファッションショーを主催したので、
モデルとして参加してきました。

会場は1927年に建てられたThe Fox Theaterを
リノベーションした豪華な場所で、
ファッション&ミュージックを交えながら、
20年代~60年代を紹介しつつ、
服のオークションをやっちゃおうぜって試みでした。

皆様、ゴージャスなドレスに身をつつんで、
すげーと思っていたら、
私に与えられた衣装は30年代の少年のニッカポッカパンツ。

ええ・・・、
分かっていますよ。
自分が作ったキャラクターですもの。

喜劇は大好きですし、
自分は二番手を自覚しておりますので、
金髪美人の引き立て役でも結構ですよ。

ハル・ローチの「リトル・ラスカルズ」のように
頑張って「道化」を演じましたとも。

MR. イアン・ウィットコムには君はナチュラルで、
一番輝いていた、と言われたからいいですとも。

先日、フィルムコレクターのお宅で見た、
1955年ぐらいのCBSの歌番組に出ていた、
英国の俳優、シンガー、作曲家でもあった、
ノエル・カワードのアクションを真似したのは内緒の話。

ボードビリアンの動きなんですよ。
まるでアル・ジョルスン(手のみ)のような。
これにはパントマイム力と瞬発力と度胸を伴いますね。
自分は手が長かったことを幸運に思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

日本大正村のモボ・モガのファッションショー

5月4日(日)黄金週間に岐阜の「日本大正村」でおこなわれた、
「ちょっとおんさい祭り」のモボ・モガ・ファッションショーに、
得意の男装で参加してきたよ!

村長の女優、司葉子さんも喜んでいた様子です!
大正村を舞台に友人と遊びまくっている写真は↑。

中日新聞の記事は以下であります。

(かずみ)

中日新聞
日本と西洋文化融合 日本大正村でショーやパレード

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月19日 (日)

2009年度モボ・モガの花見 at 小金井公園

長年の友人でマイミクのtakamoriさんに、
花見の時に「たてもの園」で写真を
撮ってもらいました~。

レトロ写真を面白がっていました。
今後もこのシリーズを続けていきませう。

その場で知り合った、
着物ガールのユキコちゃんもゲスト出演です。
綺麗でモデル映えする子だ。


みてみて、男前度数割増です。

すっかり、男装が定着してきましたなぁ。
でも「宝塚」(初期を除く)や
川島芳子(軍服きてないし)の
凄いファンとかじゃないっすよ。

どちらかというと、アニメ男キャラ
「コスプレ」の方とメンタリティが
近いと思いますが。笑

でも大義は、
1920年代は女性がこぞって(欧米では)断髪をし、
男装(ルイズ・ブルックスとか)までした
アバンギャルドな精神を系統する事です~。

ともあれ、エスコートが必要な女性が必要できたら、
連絡ください。笑

(かずみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

今日の無駄は大人ノースリーブ

今日の無駄は大人ノースリーブ
今日は大人ノースリーブワンピです。
やっぱり中原淳一チックなニュールックです。
スタイルをよく見せてくれますね。
生地が絹っぽくて滑らかです。

今日は頭痛がするので、遊びに行かないで帰ります。
あぁ、下北に行きたかった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

今日の無駄遣い♪(ワンピ2枚)

ちょっと前から地元のヨーロッパ古着屋frip&coにて
週一で趣味的に働き始めたのですが、 稼いだお金はほとんど
その日のうちに古着に使い切りますwwwwww

ほぼ現物支給状態!



本日の無駄遣い。春・夏のデイ・ドレス2枚。
たぶんちょっとしたお出かけとか着用予定。

2130655m












その1
1920年代スタイルのウエスト・ドロップのワンピース。 コットン地の淡いピンク色の細やかな刺繍がガーリーな一枚。 生地がしっかりしてるから、60年代のリバイバルかな? (20年代の繊維はほとんど腐っている事が多い)
ローの部分を紐で締められるのがミソ。Made in おフランス。


1130454m













その2
体のラインが綺麗に見える1950年代ニュールックワンピース。 コットン地にレース付のポケット、裾のフレアが可愛いです。 試着してみたら、オーダーメイドのようにぴったりだったので、 即決買いをしました。


むひょひょ~♪

かずみ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年4月 2日 (木)

メガ・ハイウエスト!!!

Vca79jcr3camushezcahqq306caej3plfca

Hoboflapper





















今年は「80年代レトロブーム」とかいって、
ついに見苦しかったローウェストが
ハイウェストのデザインなりつつありますね〜。

レトロなデザインが安く手に入るから嬉しくもあり、
あまのじゃくだからムカつく事もあり…。

先日「メガ・ハイウェスト!!!!」
というコピーにつられて、うっかり40年代風の
リーバイスのジーンズ(赤)をebayで購入。
(まだ届いていません)

ロングパンツは「ハイウェスト」ではぬるいぬるい。
足がゴン長に見える「メガっ!」じゃないとね!

着用イメージとしてはイラストのような
「Hobo Flapper」です。40年代ジーンズ着用でも
あくまで「Flapper」と言い張るのがミソです。

しかし、
オークションで靴とパンツの購入は博打と申します。

ウェストが70cm…。

ゆるいかも、アメリカサイズは、ちょい不安。

かずみ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月14日 (土)

The Follies Sistersが「LA weekly」の表紙に…

L_677d18649b834b87b2d312e7fe72a45a

L_c857900b165d44b4929d68b3daaddb4b














キャーーーー!!!!
"my great flapper friends"のNatalieとChantelとNicoleが
昨年結成した1920年代のキャバレーダンスを再現するユニット、
The Follies Sistersのインタビューがロス最大のフリー情報誌
「the LA Weekly」February 13-19, 2009号に載っています!!!!!!
表紙はラテン系の雰囲気のNatalie!

彼女達と同年代の私は、
ちょうど磁石が引かれ合うように仲良くなりました。
ジャズ・シンガーのMarie MacgillisやJanet Kleinも加わり、
皆でパーティーに行くと、まさに無敵です!
私がロスを離れている間に楽しいことやってるなぁ、くそう。

The Follies Sisters' Past Lives:
Tap Dancing Around the Antimodernity Movement

Why live your life in the past? Because the present kind of sucks
By Gendy Alimurung

「なぜ? あなたの生活は過去に生きてるの?」
「だって、現在ってなんか最低じゃん。」

長身美人Chantelの発言。
気風の良さに、心がスカっとします。
Chantelのママは有名なvaudevilleダンサー。
その影響で古い時代に物に触れ、
ナチュラルな形で現代に生きる「flapper」に。

控え目なNicoleはLA郊外のRedlandsで
古着屋hobo vintageを営む、古着マスター。
旦那さんはルーツ系ロックバンドHoboJazzの
ベースMarquis。古着屋を始める前は、
大学で考古学者の下で働いていたそうです。
タップダンス振り付け担当。

表紙を飾ったNatalieはChantelの影響でflapperに目覚めました。
彼女のショートボブは、ルイーズ・ブルックスからの
インスパイアされたもの。タップダンス以外の振り付けは、
Natalieがほぼ考えています。
一緒にcharlestonを踊ったけど、楽しかったなぁ。

インタビュー内ではいろんなところに
共感しまくりだけど特に共感したのが、服のチョイス場所です。

みんな超かっこよく1920年代風に着飾っているけど、
本物の20年代の服はもろくて切れたもんじゃないので、
60s~80sの服だったり、
それこそTarget(大手ディスカウント・ストア)や、
Anthropologie(30代女性向けセレクトショップ。urban outfitterが親会社)や、
Forever 21(モールに必ず入ってるティーン向けの超安いブランド)で
選んだ新しい服だったりします。
ちょっと可愛い物があると皆で「どこで買った?」って聞きあいます。

その、昔の「マテリアル」にインスパイアされ
考古学的に現代の物や古着を合わせて「ファッション」を
つくる感じ、私は好きなんですよ~。

日本では「可愛い文化」が発展してる点、
新しいものではストッキングとか帽子とか小物が特に
いけてるなあと思いますよ、最近。

フェミニンでちょっとお転婆な雰囲気があふれる20年代ファッション。
ドレスアップして何がいけないの?
これからも一緒に肩で風を切って歩きたいわ☆

The Follies Sisters guest appearance
with Janet Klein and her Parlor Boys
at The Cicada Club in LA

The Follies Sistersはプロのエンターテナーとかじゃないけど、
その素人っぽさとファッションセンスの良さが絶妙で可愛いのよね。 むふふ。

(かずみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

連載 「週刊モガ」 第1回♪

大正時代・昭和初期のモダン・ガールの生活を
現代で実践している、日本モダンガール協會の會長の
淺井カヨさんの連載がBlogでスタートしました!

連載 第1回「週刊モガ」モダンガールかく語りき

いやぁ、冒頭からとってもかっこいい!
今回はお洋服のお話から始まり、
モガの心構え、カヨさんの実践ぶり、
それが大量消費でピンチになっている
現代社会へのアンチテーゼにつながる、
幅広い話題をお書きになっていました。

猪木からビンタされるつもりで、
褌をしめて、気合を入れて読んで下さい☆

「週刊モガ 」の更新は毎週火曜日です。
次回は、8月12日(火)だそうです。

(かずみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

日本モダンガール協會 始動!

2772963_15






つ、つ、ついに国内唯一のモダンガールの
淺井カヨお姉様を中心に、兼ねてより噂だった
「日本モダンガール協會」
(私の中では通称「モ協」)が始動しました!

>日本国に於いて、大正末期から
>昭和初期に現れた、「モダンガール」について
>研究、調査を目的に、また全国からモダンガールの
>実践をする方を募る目的で作りました。

し、し、しびれちゃうぜ、このうたい文句。
来年にはWEBが完成するそうです。
モガによるモガのための団体です。
来年はモガが熱いですよ!

今はmixiのコミュがあるので、参加しませう☆

mixi コミュニティ
日本モダンガール協會

ラジオデイズ blog インタビュー
淺井カヨ 「継続は力なり」 

(Rosy@かずみ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月14日 (土)

中原淳一エッセイ画集 しあわせの花束

mixiの「モダンガールニ首ッタケ」コミュの管理人で「乙女文化」研究家のelbeちゃんによる、「モガ」必見本の連載第三回目でございます。

中原淳一『中原淳一エッセイ画集 しあわせの花束』
平凡社、2000年





皆様、御機嫌やう!お元気かしら...。
長い事連載がストップしてしまい、ごめんなさいね。
許してちようだいな。

第三回目のレビユーは、イラストレーターでもありファッションデザイナー、人形作家...数えたら限りが無い程のマルチな才能を発揮された乙女のカリスマ中原淳一先生の御本、『しあわせの花束』であります。

1930年代から1970年頃にかけての美しいイラストとともに、“美”に関してのコラムが掲載されています...。私は、イラストではなくコラムの部分に焦点をあててみたいと思うの。先生のコラムには美に対してさまざまなことが書かれています。愛すること、本当のおしゃれとは、美しいということ...etc

中身は読んでからのお楽しみですから、書きませぬが、読み終えた貴方は一体何を考えるのでせうか。私は、時代の変化もありませうから、すべてを納得したというわけではございません。しかし、おしゃれに関して特に考える部分が多くありました。おしゃれとは一体何であろうか...美とは何なのか...の答えが見えてくるやうに思います。現代人の私たちが見失っているものが浮き彫りにやるやうな気も。先生から私達への問題提起のようにも感じるわ。

いつもよりも堅い文章になってしまいましたね。
私も乙女のカリスマになりたいわ!なーんてな。ウフフ。

それでは、またお会いしませう。

(えるべ/乙女研究家)

| | コメント (0) | トラックバック (0)