« Marie MacGillisがMarie Fluerって名前になっとる | トップページ | レトロおもちゃ屋かわゆす! »

2011年2月14日 (月)

CleramontのFolk Music Center

Janet Klein and Her Parlor Boys と
Hobo Jazzの対バン見てきたよ。
Hobo Jazzは相変わらずゆるゆるの
酔っぱらいジャズで気持ち良かった。

Janet はバンドはギターがJohn Reynoldsメインになったから、
非常にシャープなバンドになりました。
3人しか演奏者がいなかったけど、十分ですね。

Youtube にインストナンバーアップしてみました。
「Sing Song Girl」はR. Crumb and His Cheap Suit Serenadersも
ナンバー3のアルバムでカバーしてましたね。
John氏いわく、歌詞が差別的なので割愛してるそうです。

ジャネットと英語、日本語で「Bye Bye Blues」を歌いました。
2人のコンビネーション最高潮!
でも結局、自分がステージに出ると写真が撮れないという難点が。
なので下の写真は自分割愛されてます。
代わりにマーカスと2ショットヽ(´▽`)/

Img_0101

Img_0110

Img_0093

|

« Marie MacGillisがMarie Fluerって名前になっとる | トップページ | レトロおもちゃ屋かわゆす! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204750/50865525

この記事へのトラックバック一覧です: CleramontのFolk Music Center:

« Marie MacGillisがMarie Fluerって名前になっとる | トップページ | レトロおもちゃ屋かわゆす! »