« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月19日 (日)

ハリウッド共同墓地でゴシック・パーティー ~ルドルフ・ヴァレンティノの墓前前~

22602893_3613661540






昨日はハローウィンのイベント一種なのでしょうか、
ハリウッド・スターのお墓が集結している有名な墓地、
Hollywood Forever Cemetery(ハリウッド共同墓地)
で開かれたイベントに行ってきました。
http://www.labsinthecestlamort.com/

イベントの内容はかなり充実していて、墓地内の「Mausoleum」
(辞書でみたら廟、びょう、みたまや、おたまや、
ほこらと書かれていましたが、たくさんのお骨が集められた
共同墓地みたいなところでした)という、
ゴージャスな建物内で、1920年代スタイルの
Janet Klein and Her Parlor Boys(ジャネット・クライン)の
音楽を聴きながら、19世紀に一世を風靡した
(中国では2世紀、西洋では17世紀から使われていたという)
スライド映写機「Magic lantern(幻灯機)」の上映会と、
Universal Studioのプロのドラキュラによる、
女性とのドラキュラ・パントマイムを見て、
度数の高さと幻覚を見せることから、
一時は発売が禁止されていたお酒、
「Absinthe(アブサン)」を飲みまくろう! という、
アーティスト好みのお洒落な感じでした。

日本でお寺でコンサートはあっても、
墓地の真ん中ではさすがにイベントはありませんよね。
そこらの大らかさがアメリカというか、なんというか。



イベントの主催者は、Steve Allen Theatere
(しかしSteve Allenとはまったく関係ない名前のみ)
のブッキング担当者のAmit Itelmanです。
彼のおかげでSteve Allenは近年、スタンドアップ・コメディ、
パンク・ライブ、ショート・フィルム上映会、Cartoon上映会、
ルーツ音楽ライブなど、特殊なサブカル雰囲気を持った
場所になりました。

そして前の日記で紹介しましたが、
特に若手/中堅のコミック・アーティストを使った
無料配布の季刊パンフレットは素晴らしいです。




高速を降りて、パラマウントのスタジオを通り過ぎ、
大きな敷地を持つHollywood Forever Cemetery内に入りました。
夜の8時をまわる頃にはすっかり日も暮れて辺りは真っ暗。
十字架、銅像、墓石が並ぶ道を車で通り抜け、「Mausoleum」に到着。
噴水の光と、月明かり、暗闇に連なる墓石、
青く光る大きな「Mausoleum」に圧倒されました。

22602893_586160334















室内に入ると、縦に長い空間が広がっていて、
奥のほうにステージが設置され、壁の白いカーテンに、
Magic Lanternのスライドが試し写しされていました。

22602893_29485597






会場内

室内は冷たい大理石のような質感で、キリスト教にまつわるであろう
石造がボンボンと置いてあり、その時は真っ暗だったので、
天井の高い室内に壁一面そびえる墓標の山が、圧巻でしたわ。

脇に大きな4つの通路があり、ちょこちょこと歩いてみると、
やはり墓標の山、そしてガラスケースに仰々しく
飾られている骨壺たち。

すべての突きあたりに、「Absinthe(アブサン)」用の
バーカウンターが設置され、暗闇の中で白く激しく光るカウンターは、
ビジュアル的に「天国」の入口のようにみえて、
会場の雰囲気にあった、いい仕事してるなぁと思いました。

22602893_3367810606






「天国」前 Janet, Chantel, me

向かいから歩いてくるFlepperは、
友達のBurlesqueダンサーのChantel。
モデル並みの長身でスタイル抜群なChantel。
とても2児の母だとは思えません。



墓地に眠る有名な映画人といえば、
Douglas Fairbanks(ダグラス・フェアバンクス)
Cecil B. DeMille(セシル・B・デミル)、
Rudolph Valentino(ルドルフ・ヴァレンチノ)です。
なんとヴァレンチノのお骨は「Mausoleum」内に
収められているとChantelから聞き、案内をしてもらうことに。

ああ、20年代最大のセックス・シンボルで画面から世界中の
乙女を失神させ、濡れさせたルディー…。思わず記念撮影です。

22602893_490984000






あとの2人もお墓の場所も調べておけばよかったと思ったけど、広い敷地内。
昼間じゃないと迷いそうです。



会場を見渡すとレトロ系、アーティストっぽいゲイ、ゴス、アート系、
となかなか幅広いジャンルの人たちが集まっていました。
ジャネットのステージがはじまる前に「Absinthe(アブサン)」を
ゲットしようと思ったら、すでに4か所とも長蛇の列。
Flapper友達と並んでいると、珍しがられスナップを撮られたりしました。

「Absinthe(アブサン)」は薬草系のリキュールの一つで、
40度から高いものだと89度まであるそうです。

私は一番純度の低い物を選びました。
グラスにリキュールをついでもらい、
そのあと、自分でグラスに「Absinthe(アブサン)」用の
穴の空いたスプーンと砂糖をのせて、
ゆっくり水を垂らして砂糖が溶けるのを待ちます。

緑色のトロっとした色、お酒に無頓着な私には、
今まで嗅いだ事のない独特な匂いに感じました。

味も癖のある凝縮したハーブ・ティー 飲んでいるような。
そしてもちろん酔いのまわりが早いです。



22602893_2219891505






本日のジャネット・クラインのパーラー・ボーイズは
私が最近最も好きな編成、古典漫画の「博士」風の
風貌のギター&バンジョーのJohn Reynolds (ジョン・レイノルズ)
ドイツ人のバイオリン弾き Benny Brydern (ベニー・ブライダン)
ご機嫌酔っ払いバンドHobo Jazz のフロントマン
のMarquis Howell II (マーカス・ハウエル)に
ディキシーランドからモダン・ジャズまで
カメレオンのように吹きわける、
コルネット&Cメロディ・サックス
(30年代に全盛を極めたサックス、今では誰も弾いてない)
Corey Gemme(コリー・ジム)の4人です。

男前4人組は墓場らしく黒い服で身を固め、
素晴らしいダンス・ミュージックを我々に提供してくれました。

そして、普段から「obscure(暗い;不明瞭な; あいまいな; 世に知られない)」
という言葉で自分を形容しているジャネット。
囁くような歌声が不気味で無機質な建物と響きあい、
絶妙な雰囲気を醸し出していました。

私といえばFlepper友達のChantel、Nicole、Natalieと
一緒に酔っ払い、チャールストンやその他のダンスを
踊って盛り上がりました。彼女たち3人は最近、
Burlesqueのステージで1920年代~30年代スタイルの
ダンスを踊る、The Follies Sistersをはじめました。
My Spaceに様子がのっています。可愛いですよ~。


22602893_3231562499






Natalie, Nicole, Chantel



第1ステージが終わり待ちに待った
「Magic lantern(幻灯機)」の上映会。
19世紀後半に使われていたであろう、
中世のお話のスライドをファンキーな
学芸員風のおじさんが 物語風に語ってくれました。

まぁ、ただのスライド・ショーなので、
とっても興味深いということで、
そこまで盛り上がりませんでした。
たぶんもっと下世話なスライドが手に入ったら、
もっと盛り上がるんでしょうね。

予想外だったのが、ドラキュラのパントマイムのおじさん。
ドラキュラが女性の血を吸って、仲間にするところまでを
コミカルに見せてくれて、絶妙にダンスを取り入れ
アクロバットをまで 見せてくれて見事でした。



第2ステージがはじまる頃には、会場、外は酔っ払いだらけ。
そこらじゅうでけたたましい笑い声と、
グラスの割れる音が響いていました。とてもいい感じです。

そしてステージ前は乗りに乗った一部の観客たちが踊り狂い、
Flepper友達も酔っ払い、フラフラになりながら踊っていました。
私はちょっとしか飲まなかったので、いい感じのほろ酔い気分。
ジャネットの呼ばれて一緒に「My Blue Heaven」や、
「Bye Bye Blues」なんか歌ったりして、なんだかやりすぎ?



12時をまわりイベントは終了。
素敵な物を見たり、飲んだり、踊ったり、歌ったり、
いろんな意味でとっても満足した、非常に良い企画でした。

お墓汚しまくりですが、来年も開催されるのでしょうか。
あったら行きたいな~。

(かずみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

ジプシー・ヴァガボンズの新譜、ライブ、ラジオ情報!

956059248_140_3







ラジオデイズ昨年のイベントにも出演してくれた、
Gypsy Vagabonz(ジプシー・ヴァガボンズ)の
オリジナル曲満載な1stミニアルバムが発売されました。
札幌のラジオ番組での特集、ライブ情報など盛りだくさんです。

◆新譜発売情報!

「GYPSYVAGABONZ」

Gvcd001_l_2












1 RADIO SOUND
2 BOOM BOO
3 The Gift
4 いたずら仔猫のワルツ
5 I love paris
6 みつばちのささやき
7 マトリョーシカ

品番:GVCD-001

店頭での取り扱いは現在ディスクユニオンのみです。
ライブ会場、通販はON THE HILL レコードHPで!!

試聴はMy Spaceでできます。

◆ラジオ出演情報

札幌のFM81.3ch

10月17日(金)19:00から
札幌のJazzミュージシャン澤田さんの1時間番組で
Gypsyの曲が3曲流れます。

◆ライブ情報

【Gypsy Vagabonz結成3年記念演奏会】
10月17日(金)
at 池袋 Blue Drag

OPEN19:00 START 20:00
料金:1500円(+1D オーダー)

予約
gypsyvagabonz@hotmail.co.jp

【STOMP IN Gat the BUDDY BUDDY】
10月26日(日)
at 札幌 BUDDY BUDDY WITH THE DOOR

OPEN 18:00 START 19:00
料金 前売¥2,000 当日¥2,500(1drink 別途¥500)

出演
Gypsy Vagabonz(ジプシーウ゛ァガボンズ)
ジャイアンリサイタル
The HOTELS
ShowRus
SWING TIME

(かずみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モボ・モガ必見!「大正時代まつり」パレードへの参加はマスト!

Taishojidaimatsuri1
















今年も埼玉県、JR京浜東北線「与野駅」の西口前で
大正時代まつり が10月25日(土)に開催されます。

何でも「与野駅」が大正元年11月1日に開駅されたのを
記念して数年前から、毎年10月の最終土曜日に大正に
まつわるイベントをするようになったそうです。

当日は大正浪漫風の衣装を着た人たちの仮装パレードや、
和太鼓、大正琴の演奏会、模擬店など、
楽しそうなイベントが盛りだくさんです。

なんと、我らが「日本モダンガール協會」會長のカヨさんは
とラジオデイズのフラッパー番長の蓮見と写った写真が、
今年のポスターになったそうです。笑

仮装パレードに自前衣装でも参加可能らしく、
「日本モダンガール協會」のブログで参加者を募っています!!
関東近郊に住む、モボ・モガだったら参加するでしょ?!
興味がある方は、ブログを覗いてみてください。

(かずみ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

9月27日 サンフランシスコ(その1)

もう旅行に行ってから1週間が経ちました。
記憶がなくなりそうなので、さっさと書かなくては~。



友人宅近くのカフェで朝食を食べてから、
電車とバスを乗りつぎ、ヒッピーの聖地
Haight-Ashburyに行ってみることにしました。

乗り継ぎの途中で立ち寄ったCastlo Streetは、
七色の旗を掲げるゲイ達が住む有名な街です。
白髪、髭、ハーレー・ダビットソンのTシャツを着る
オジサンたちの熱い抱擁とキッスは圧巻。
サンフランに来たなって、感じましたよ。

ロスの友人のお勧めの1922年に建てられた
スパニッシュ・バロック・スタイルの
The Castlo Theaterを外からちら見。
ゴテっとした装飾は圧巻でした。

その日のTheaterの内容は
ジェームス・ディーン特集だったので、
友人が鑑賞を拒否。
他の内容だったら中に入ってみたのに、残念。
私もここで「エデンの東」を見る気にはなれないわ~。




それにしても、バスに乗ったり、歩いたりしてると、
坂道に綺麗に立ち並ぶ古い家々がよく見れていいですね。
どこへ行っても、こじんまりとして美しい街並みです。
ウィスコンシンのミルウォーキーでも同じ事を感じました。
アメリカの古い街はこんな感じなんでしょうか。

さて、乗り継ぎもスムーズにいき、
Haight-Ashburyに到着しましたので、
比較的大きな道のHaight Street /Masonic Avenue降り、
Golden Gate Parkに向かって歩いてみることに。

さっそくHaight沿いの古着屋散策をはじめました。
歩いてすぐ左手に見えたのは、ロスのMelroseでも
有名な古着屋「Aardvark」じゃないですか。
ここは60年代~80年代の古着を中心に取扱い、
安くも高くもない良心的な値段なんですよ。
さっそくドレス・コーナーで1950年代前の
品がないか探しました。可愛い50年代のドレスは
ちらほら出てきましたが、
お値段が張ってサイズが大きいの却下。

店員さんに20年代~50年代までの品を取り扱っている
お店がないか尋ねてみたところ、ここから3ブロック先の
「La Rosa」という店がお勧めとのことなので、
早速、行ってみることにしました。



「La Rosa」にたどり着くまでに、
楽しそうな古着屋があるわ、あるわ。

立ち寄った中でも良かったのが「Held Over」と
VintageとNewを一緒に売っている女性下着屋さんの
「Dollhouse Bettie」。

「Held Over」は「Aardvark」のように
60年代~80年代の古着が平均的にそろっていて、
奥の1950年代コーナーはなかなか充実してました。

「Dollhouse Bettie」は店内もとっても綺麗で、
40年代、50年代風のレトロでセクシーなニュー下着と、
コンディションがとっても良い、
当時の下着が盛りだくさんでした。
でも、どれもお値段が張るので、保留に。
30年代のドロワーズは本気で買おうか迷いましたよ。
大人になったら買ってやる。涙



そして、ようやく「La Rosa」に到着。
目に入ってきた店長風の男性の、
30年代の小粋なニットのベストに帽子を見た瞬間。
「きた~~~っ!」と思いました。

まずはショーケースに入っている
20年代~30年代高そうなビーズのポーチを鑑賞。

そして、その上にひっそりと置いてあった
20年代の後半~30年代前半の形した靴に一目ぼれしました。

サイズを確認すると「6 1/2(23.5 cm)」。
私のサイズです。Yes!!!!!

親切そうな女性店員さんに案内されソファに座って、
早速、靴を試してみると、まるでシンデレラのように、
ピタっと足にあったのでした。その瞬間、私は最高に幸せでした。
ある意味、靴は探すのって難しいですよね。邂逅ですね。

21755331_3860155626







マイ・シンデレラ靴

他にもその時代や、エドワリアンのブーツなど、
とても良いコンディションの靴が、手頃なお値段で
たくさんあったので驚きました。

が、なるほどと思ったのは、
この時代の靴ってサイズが小さいので、
現代の平均的なアメリカ人女性では
到底入らないサイズみたいです。
私のサイズがぎりぎりで、もうちょっと小さいぐらいです。
なので小柄のモガさんはアメリカで靴を探したら、
出物に会えるかもしれません。

私は図体の割に足が小さいので、
それだけは感謝です。

その後、ドレスをチェックしました。
20年年代~50年代まで素晴らしい品揃えですが、
私には値段が高すぎる。

とても欲しかったのが、1930年代のシンデレラ・カットの
コットンのカラフルなロングドレス(ヒラっとした蝶の襟)が
300ドル(250ドルにまけると言ってましたが)。
泣く泣くあきらめました。

あと、地元のデザイナーが作るフェルトの
20年代風の帽子が素晴らしかった。
Behidaさんっていうらしいですが、
断髪の私がかぶったらピッタリでしたよ。

HPに何点か写真が載っています。
http://www.yellowfield.net/Home.html

帽子もドレスも買えませんでしたが、
私にはシンデレラ靴があるからいいのです。



それから1890年代~という看板を掲げた向かいの
「Decades」というお店に行ったら、
また20年代~30年代、当時のドレスが出るわ、出るわ。
これもまたお値段が高いので断念しました。

結局、ウールのベレーにボンボンがついた
帽子を買いました。

何となく、ゴダール映画に出ていた
アンナ・カリーナがセーラー服姿の時に
かぶっていた帽子をイメージして買いました。

この店では、何だか脇道にそれてしまった~。



初めて行く土地で、たくさんの古着屋をまわると、
欲しい物がたくさんの中で、厳しい選択をしなければならないので、
自分はどんな物が欲しくて、どんなポリシーを持っているのか
明確になります。

例えば、私はコレクター志向ではないので、
高いお金を出して、無理して当時の物を買おうとは思いません。
そして保存しておくより、むしろそれを使いたい派です。

60年代、70年代の物でも、ニューなものでも、
戦前風にみえて可愛いくて手頃な値段であれば、
私はそれでいいと思っています。

新旧の混同が、むしろ
新しいファッションスタイルかと思います。



結局、袋を抱えてThe Golden Gate Parkについたころには、
足が痛いし、暑いわで、とても公園の中へ行く気になりません。
なので引き返して、Fisheman's Wharfに向かう事になりました。

本物のヒッピーもなんとなく見たし、
ゴスキッズに写真を取られたし、
結構楽しかったな。

(つづく)
(かずみ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月 5日 (日)

9月26日 サンフランシスコ

友達の友達がサンフランの
Academy of Art Universityに通っていて、
ダウンタウンのアパートに泊っても良いと聞いたので、
ロスから友達と飛行機に乗り、遊びに行ってきました。



26日の昼間に出発。
予約をしたアラスカ航空のターミナルに行ったら、
アメリカン航空と合同便なので、
アメリカンの違う(遠い)ターミナルに行けといわれ、
出足からつまずいた感じ。

さすがアメリカ。
そういうことは、予約時に事前に教えておいてください。
重い荷物を持って遠いターミナルまで歩きましたとも。

アメリカンの飛行機は小さくて、フライト中は常にゆれまくり。
そして降下をはじめた時、突然、目に激痛が。
気圧の関係で目の血管が収縮したのでしょう。
友人も足の欠陥が、破裂しそうだといいはじめました。
周りを見ても苦しそうなのは、アジア人の私たちだけみたいです。



そんなわけで、サンフランに着くまでに
かなり体力を消耗した私たちですが、空港に着いてからは
スムーズに街に出れてひと安心。
車がないと移動できないロスとは違いますね。

とりあえず、友人の授業が終わるまで、
ケーブルカー走っているPowell street周辺で
腹ごしらえをすることに。

ちょっと歩くと古そうなレストランの看板を
見かけたので、入りました。友達とクラム入りの
Linguineとアスパラをシェアしたら、これが美味しかった!
さすがサンフラン。ロスに比べて食レベルが高い!

21755331_935583548_2







その後、3時間も空けずに50年代スタイルのダイナーで
「フィッシュ&チップス」を食べる私たち。
どんだけ食いしん坊なんだ。


21755331_793096033







飲み物はもちろんチェリーコークよ!



友人のアパートはBush streetというダウンタウンにほど
近い場所で、もちろん丘の上に建ってます。
古そうなお洒落なビルディングで、
やはりロスにはない感じでした。

友人のよっさんはサンフランに越したいと興奮気味。
ちょっと憧れちゃいますが、私はロスのだだっ広く、
何もないところに無理やり街を作った感が
アメリカ(私が思う)っぽくて、いいんですけど。
(かずみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »