« スウィート・ホリワイアンズが「Hula Girl」でCDデビュー! | トップページ | ミスチャー情報テンコ盛り »

2007年7月23日 (月)

19世紀 万博のパノラマ絵画を再現?!

Effulgence of the Northのオープニング・パーティー

The Velaslavasay Panorama

Location:
1122 West 24th Street
Los Angeles, CA 90007

web site
http://www.panoramaonview.org/

The Velaslavasay Panoramaは映画館だった建物を改築し、
2階にグルっと360度の形の絵画(Cyclorama 円形パノラマ)が
飾れるようにしたアート・プレイスです。

HPの解説によると、
お店の名前にもなっている「パノラマ」をいう手法は、
1787年にEnglishman Robert Barkerによってあみ出されました。
そして19世紀以降、平面だったパノラマも、円形になったり、
Diorama (ジオラマ)になったり、
Cosmorama(ロンドン万博に登場した
異国情緒あふれるパノラマの背景)
といった形で発展をしていったそうです。

今で言うと3Dバーチャル・ゲーム体験してるような驚きが、
当時にはあったのかもしれませんね。

今回の展示された絵画の題名は
「Effulgence of the North(直訳 北の光輝)」。
暗い部屋の中、何処とも言えない幻想的な氷山が描かれ、
足元は立体的な氷山と海のジオラマが表現されていました。
解説によるとオーナーであり、キュレーターであり、
アーティストのErkki Huhtamoは、
ロンドン万博のエジプト館をイメージして作ったとか。
エジプト館の事を知らないので、何ともいえませんが
「media archivist」という肩書きも持たれている事もあって、
あえて19世紀当時の手法を再現しているんでしょうね。
細部にとても、こだわりを感じましたよ。

万博でパノラマが飾られていた時は異国へのトリップ。
私は19世紀(過去)へのトリップ&異国情緒も味わえ、
一石二鳥の気分ですよ~。

ちなみに彼女はUCLAのProfessorでもあるそうです。
(すげ~)

そして、7月21日(土)は展示の初日という事で、
オープニング・パーティが開かれ、
「北」ということで、アルプスにまつわるイベントになってました。
見逃してしまいましたが、劇場ではアルペン音楽が演奏され。
(もちろん半ズボンの集団)
裏のお庭ではドイツ料理が振舞われ、
アルペンの背景の前で仮装をして写真撮ってもらえたり、
映画を上映したり、盛りだくさんの内容で
とっても楽しかったです! 

ロスに立ち寄ったさいは、チェックしてみると
面白いかもしれませんね。
ちなみに昨年は1940年代風のハロウィーン・パーティを
おこなっていたそうです。
う~ん、楽しそう。

(かずみ@Rosy)

|

« スウィート・ホリワイアンズが「Hula Girl」でCDデビュー! | トップページ | ミスチャー情報テンコ盛り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204750/15850646

この記事へのトラックバック一覧です: 19世紀 万博のパノラマ絵画を再現?!:

« スウィート・ホリワイアンズが「Hula Girl」でCDデビュー! | トップページ | ミスチャー情報テンコ盛り »