« 【満員御礼】6.23 Tokyo Speakeasy | トップページ | ユニクロと夢二?! »

2007年6月27日 (水)

恋する楽士 "'O Surdato 'Nnammurato"

ラジオデイズが勢いにのってCDをリリースすることになりました。
そのCDとは、6月23日の「Tokyo Speakeasy」にも演奏に来てくれたダンディズムあふれる弦楽器集団Sweet Hollywaiiansのサポートによるオルタナティブ・コミックの巨匠  ロバート・クラムのチープ・スーツ・セレネダーズのリズム・ギターで著名なトム・マリオンのソロ・アルバムです!

誰もが思わずホっとする、20世紀初頭のグット・タイム・ミュージック、なんと世界に先駆け日本先行発売。歴史に残る名盤をプロデュースできて光栄です!!! 日本でしか手に入らないんですから。こんな最先端な音楽が聴けるなんて、皆さん日本に生まれてラッキーです。

---------------------------------------------------

「恋する楽士  "'O Surdato 'Nnammurato" 」
トム・マリオン・アンド・ヒズ・スウィート・ホーリーワイアンズ
2007年6月23日 on sale  2,800円 (定価 2,667円) RDR-01

Tomjaket

過去にクラム率いるチープ・スーツ・セレネーダーズに在籍し、現在は「21世紀のオールド・タイム・レディ」ジャネット・クラインの主要サポート・メンバーとして知られるトム・マリオン、弦楽器のスペシャリストが戦前の華やかな世界を小粋に演出。自らのルーツであるイタリアンや、ジャズ、ハワイアン、プエルトリカン等のグット・タイム・ミュージックを、日本唯一無二の若手弦楽器演奏家集団スウィート・ホリワイアンズが好サポート。ギター、バンジョー、マンドリン、マンドチェロなど弦楽器を巧みに操る演奏は、ポール・ホワイトマン楽団に在籍し、ビング・クロスビーのバックでギターを弾いたイタリア系アメリカ人ギター奏者エディ・ラングや、「ジャズ・ギターの祖父」ニック・ルーカス彷彿させる。シチリア/ジェノバ出身の祖父から学んだ思い出のトラディッショナル・ソング「恋する楽士(1915年)」を含む全14曲、世界に先駆け日本のみ先行発売!

1.Brown Eyes, Why Are You Blue? (1925) 
2.Idolizing (1926)
3.Home (1931)
4.Tarantola
5.Honolulu Stomp (1927)
6.Sicilian Shoriche 
7.Dreaming of You (1929)
8.Sweet Sue Just You (1928)
9.第3の男 Third Man Theme (1950)
10.At Sundown (1927)
11.El Choclo (1903)
12.Ecos del Bosque (Woodland Echoes) (1929)
13.Impromptu (1930) 
14.恋する楽士 'O Surdato 'Nnammurato (1915)





製作・販売 ラジオデイズ・レコード
Amazon.com、全国レコード店お取り寄せでご購入できます。
[Mail] tokyospeakeasy@yahoo.co.jp

---------------------------------------------------

◆著名人コメント◆

I like it very much!!!

R. Crumb (漫画家)

アメリカを代表するオルタナティブ・コミック作家。「フリッツ・ザ・キャット」「ミスター・ナチュラル」「Keep On Truckin’」ジャニス・ジョプリンの「チープ・スリル」のジャケットなど。

---------------------------------------------------

トム・マリオンの音楽を聴きながら、ぼくの頭には、映画「ベルビル・ランデヴー」のことが思い出される。つまり、それは遠い昔の、戦前の魅惑の世界。今より、ずっとずっとモダンな世界のことだ。未来も過去も、ぼくの頭の中では、同等にエキゾチックな世界。だから、トム・マリオンの音楽は、ノスタルジックなんかじゃ全然なくって、強烈にヒップ!オルタネイティヴ!エクスペリメンタル! 聴いているうちに、胸がドキドキしてくるよ。
 
鈴木惣一朗(ワールドスタンダード)

音楽家/プロデューサー/作家。85年に当時細野晴臣が主宰したレーベルよりワールド・スタンダードとしてデビュー。音楽プロデューサーとして、畠山美由紀、ハナレグミ、イノトモ、湯川潮音などの作品を手掛ける。また『モンド・ミュージック』を編纂するなど、著作活動も活発に行っている。

------------------------------------------------------

◆プロフィール◆

Tom_1 トム・マリオン

マルチな才能でギター/マンドリン/バンジョーなどの弦楽器を弾きこなす、今世紀最後のイタリアン・ストリング奏者。
1949年、カリフォルニア州サンノゼのリトル・イタリーで生まれる。ギタリスト/シンガーでもあるシチリア移民の祖父の影響で、幼い頃からギターをはじめ、戦前のイタリアン・ストリング奏者たちに囲まれて育つ。10代で78回転のSP盤の蒐集をはじめ、ジャズ/ダンス/ラグライムなど戦前のルーツ・ミュージックに魅せらる。
73年、「ゴースト・ワールド」で知られる映画監督テリー・ツワイゴフにスカウトされ、オルタナティブ・コミックの父ロバート・クラム率いる、ロバート・クラム&ヒズ・チープ・スーツ・セレネダーズにリズム・ギターとして参加。
98年からはアコースティック・スウィングの歌姫、ジャネット・クラインのパーラー・ボーイズの一員として活動中。過去にジャネットと共に3度の来日を果たす。また、平行してジャンゴ・ラインハルトの五重奏スタイルのホット・クラブ・クワルテットにも在籍中。

---------------------------------------------------

Prosweet1_1スウィート・ホリワイアンズ

1920年代~40年代のスウィング、ハワイアン、カリプソなどを独自の視点で表現する弦楽器集団。ゴンチチのチチ松村に大絶賛される。大阪を活動の拠点とし、昨年はトムと共にアメリカで演奏し、ハリウッドのマニアックな観客をもうならせる国際派。リーダーの松井朝敬はウクレレフリーマガジン“ローリングココナッツ”と楽譜集「ウクレレ・モーツアルト」(ドレミ音楽出版)を監修するなど、様々な活動をおこなっている。


---------------------------------------------------

"Brown Eyes, Why Are You Blue?"



---------------------------------------------------

"Idolizing"

|

« 【満員御礼】6.23 Tokyo Speakeasy | トップページ | ユニクロと夢二?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204750/15570800

この記事へのトラックバック一覧です: 恋する楽士 "'O Surdato 'Nnammurato" :

« 【満員御礼】6.23 Tokyo Speakeasy | トップページ | ユニクロと夢二?! »